2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
いざ、鎌倉
2011/08/22(Mon)
画像 014

鎌倉へ行ってまいりました。


画像 013

鶴岡八幡宮の池では、蓮の花が一面に咲き乱れ・・


2011081614430000.jpg

街角では、福猫がのんびりこんと昼寝中。


2011081614440000.jpg

この足のあげっぷり・・もしや、むくみ防止かなもし。 ニョリ~


久方ぶりの、まったり癒しのお出かけデー♪


スポンサーサイト
この記事のURL | 平々凡々的日常 | ▲ top
薔薇に包まれて
2011/05/30(Mon)
画像 2005099987

◇あたちピンキー、もうじき3才。なんてったって夢を見る見るお年頃。
王子さまが迎えに来たら、薔薇色のドレスを纏ってお嫁にゆくの。



画像 2005099986

◇ちょっとコレ、サイズは大丈夫かちら。


画像 2005099985

◇ちびっこ王子、登場☆ デデンッ


旧職場での送別会にて、薔薇の花束をいただきました。

100本!!!

こんなにたくさんの薔薇を愛でることが出来るなんて・・
きっと最初で最後かも。


この記事のURL | 平々凡々的日常 | ▲ top
テケテケ小噺
2011/04/27(Wed)
おとついの、職場の利用者さんとの何気ない雑談の中からひとつ-


私 「今週の金曜は、イギリスの王子さまの結婚式ですってよ」

利 「へぇえー、そうかね。なんせ大安だぁものね」


sasuke003.jpg
いやはや、なんとも。
にゃははははーっ☆

(昔の写真、使いまわしの術の巻)


この記事のURL | 平々凡々的日常 | ▲ top
伯母叔母'ズ -愉快な伊豆旅行篇-
2010/10/27(Wed)
今、お江戸の伯母叔母'ズがわが家にお泊りに来ています。

会うのは、 も一人の叔母 のお葬式以来。

泊まっていくのなんて、実に私が小学生とか中学生の時以来。

ウワサによると、母はこのお江戸のおば'ズが大好きで大好きで大好きで
そちら在住@私の姉もつるんで、よく東京ナイトへと繰り出しているらしい。

さながら、悪友といった感じ。

なんだか久方ぶりに、ワクワクと浮き足立っている
嬉しそうな母を見たなぁ。

週末あたりまで連泊とのことで、´るるぶ伊豆´みたいな本を片手に
しこたまビールやらワインやらおつまみやらを買い込んで
乗り込んできた悪友たちなのであります。

そのうちの一人、ねこ好きな伯母から本を戴きました。

ネコとはなしをしよう! (カンガルー文庫)ネコとはなしをしよう! (カンガルー文庫)
(1997/02)
平成ネコ倶楽部

商品詳細を見る


なにやら、ねこの気持ちが満載なこの一冊。

今から読むのが楽しみです。 ^^

「きっと夕飯は、一緒に外食だぜ」 なんて
ちびことドキドキしていたのに・・女三人衆、地元の悪友と合流し
とっとと温泉&夜の街へと出掛けてしまいました。

The 見事な肩すかし。

まぁまぁまぁ・・
愉しきことは、善きことかな。 ^^


この記事のURL | 平々凡々的日常 | ▲ top
日常オムニバス -ささやかな暮らし篇-
2010/06/03(Thu)
7034762.jpg


◇◆◇ 【梅の朗報】

今年は天候不順のため、梅の不作が囁かれていたけれど
大型スーパーには、南高梅が並んでいました。

地元の農協直売所に聞いてみたらば
「今年はまだ・・遅いけれどももうじき入りますよ」 とのこと。

とりあえず、南高梅を買ってきて
毎年恒例、梅シロップを作りました。

只今、じっくり熟成中- ^^

地場産の梅が手に入ったならば、梅干でも漬けようかなぁ。


◇◆◇ 【彩り花壇】

庭にミニバラを植えました。濃ピンク、深紅、檸檬色。

大好きなローズマリーが増えに増え、辺りにほのかな芳香を放ちます。

ラベンダーは一時冷え込んだ春先に、一度霜にやられてしまったけれど
見事復活しました。その強さに感服。

濃緑のつんとした葉。ローズマリーの紫。ラベンダーの紫。
花盛りです。

次々に白い可憐な花をつけるジャスミンからも、甘い香りが漂います。

近々ちびこと一緒に、向日葵と朝顔を植えようと思います。

鮮やかな黄色、淡いブルーや薄ピンク。

花壇の裏の山は、鮮やかな新緑色。
空の水色と、雲の白と・・柔らかな光色とよく合います。


・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。


なんとも穏やかで、柔らかな時間に包まれて♪



この記事のURL | 平々凡々的日常 | ▲ top
日常オムニバス -たわいもない篇-
2010/04/22(Thu)
◇◆◇ 【父】
おかげさまで入院した父は、回復する病ではないけれど
それでもだいぶ落ち着いて

「病院の食事は味気ない」 やら
「暇つぶしにDVD観ようとコンパクトプレーヤーを持ってきたら見事に壊れてた (-公- ;)」

なんてぇぶつくさとつぶやきながらに、退院の日を心待ちに
畳一畳分の生活スペースにて、退屈な日々を過ごしているようです。

家でふぅふぅと胸苦しそうな父を数ヶ月間ずっと見続けていたので
実は病院にいてくれた方が、家族は安心だったりもするのです。


◇◆◇ 【自分】
ここのところ職場の一部でゴタゴタあり
すっかりげんなりぶーぶーの私でありました。

元気を失うと、途端にヤル気ゼロに急下降する私。

「こうであるべき。こうせにゃならん」 に縛られて
キュキュウのキュウのキュウ子さんに大変身です。

自分の無意識の領域を、余すところなく見せ(つけ)てくれる
この壮大な宇宙に・・乾杯。 ( ̄个 ̄)

とどのつまり、やっぱり自分なんだなぁ・・

ただ行動が、昔っからの習慣のみに根付いているため
ウマイ対処法が見つからないというだけで。

いろんな知識を ´知ってるつもり´ じゃ、だめなのですね。 ( ̄- ̄=)…


◇◆◇ 【効果ウスな小言明王】
朝、ちびこのふで箱を覗いてみたらば、短い鉛筆が数本だけ申し訳程度に入っており
消しゴムは無駄にデカイのがドンと2個も入っている。
おまけに鉛筆は、芯の頭が見えないほどに使えないレベルにまで達しているのに
削っていないときたもんだ。(しかもサスケのぼんやピンキーの噛み跡でボロンボロン)

「鉛筆削った?」 と昨晩聞いたところ
「うん。大丈夫」 と二度も答えたちびこさん。

(--) あ・・・? 

朝から 「うそつきーーーっ!」 と、雷鳴が轟きました。

ダンナさんに話すと
「見逃してやるのも優しさだよなぁ・・」 と、やんわり一言。

これはちびこの、私の日常茶飯な小言を
サラリとかわすためについた小さなウソなのでしょう。

まったく同じ頃の自分を眺めているようで、苦笑いったら苦笑い。



画像 707245707

◇あたちはな~んも考えてないわよ・・
もっとねこ族を見習うべきね♪


その通りっ!



この記事のURL | 平々凡々的日常 | ▲ top
インターナショナル☆湯らっくす
2009/03/23(Mon)
昨日、キャナダ姐のお兄さんご一行さまが
バンクーバーから駿河の国へ訪ねてきてくれました。

お兄さん、彼女、そして彼女のお友だち。

ちびこと私、おばあちゃんも合流し、楽しき日本の思い出を・・と
近隣の温泉施設へ、れっつ・ら・ごーごー!

塩風呂、紅茶風呂、よもぎ風呂、岩盤浴、砂風呂 and so on。

たくさんのお風呂や娯楽が溢れており
日がな一日湯らっくすぅのリラックマ。

「Interesting!」 と、口を揃えて喜んでくれました。

お兄さんは過去数年、日本にいたことがあるらしく
日本語は おおよそOK。
しかし他2名は、挨拶程度でトンチンカンチン。
(お兄さんや、数年で話せるとはね・・ワタイなんて10数年学んでいたのに
話せないんだよ・・○□×△・・トホホのホの巻)

私もカタコト英語で苦戦しました。
言ってることは判るのに、返す言葉が出てこない。

英語を話すことが出来れば世界が広がるのになぁ・・とは思いつつ
キャナダ姐が流暢な日本語を話してくださるので
ついついそれに甘んじて&気恥ずかしさも併さってか
普段は日本語のみで会話を済ます。

もったえないなぁ・・

しかしながら、頭と身振り手振りフル回転にて全身全霊総動員!
お兄さん彼女のお友だち'ズお母さんは気をかざして
人を癒す仕事をしていること。
当のお友だちは私と同じ仕事に就いているということ。
おじいさんは中国人、フィリピンの血も混ざっているということ。
猫を飼っており、名はチョコ→ハローキティブランドより命名したこと。
(キティちゃんのお仲間にチョコちゃんなるものがいることを
全く知らなかったワタクシであります)
バンクーバーでは、隣の人は露西亜人、そのまた隣は印度人・・と
いろんなお国の人がたくさんいるのだということ。

お話の中で自分と繋がることもチラリと見つかったりで
会話を楽しむことが出来ました。

日本国、単一民族のこの私。
もっと世界を広げたいなぁ・・と、やっぱりふっとそう思ひ。

地場魚の新鮮なお寿司をたらふく食べて、揃ってみんな ご満悦☆

「夢-夢だからと飾っておくものではない。必ず叶う」
「輝-何かに賭けて挑戦している姿は美しい」
「喜-喜びを力に」

別れ際に、一枚に一言づつ添えられているポストカードを
各々にプレゼントしました。
幸せがたくさん降り注ぎますように、と 招き猫もご一緒に。ニャ

桜ほころぶ春の一日-
心躍る楽しきひとときを過ごしました♪

さてと。
今年は英会話のお勉強も始めるとするかな☆

この記事のURL | 平々凡々的日常 | ▲ top
((ヾ(∀´* )
2008/11/21(Fri)

◇◆うちの三姉妹

木枯らしひゅーひゅー吹きすさぶ、寒い寒~い冬のはじまり。

もしも心も凍てつきそうなら
笑って、笑って、心をほぐして- (✿ฺ´∀`✿ฺ)ノ

いやはや、なんとも。 (*'艸3`):;*。 ぷぷぅ


この記事のURL | 平々凡々的日常 | ▲ top
家屋改造大作戦
2008/11/18(Tue)

髪舎へ行って、髪をバッツリと切って来ました。
(これからさぶい冬なのに) ベリベリショートな、この私。

幾度か伸ばして、今どきの髪型にしてみたりもしたのだけれど
やっぱり私は短髪の方が、しっくりとして落ち着くなぁ・・・

髪を切ったら、メイクも変えたくなっちゃって
うっすりとピンク系なぞ塗ってみたりして。 (*´∀`*)

そしたらわんわかと、なんだかエネルギーがみなぎって来た感じで
めんどくさくてなかなか手をつけなかった、ちびこさんのガラクタ部屋 of 宝島を
ガガガと一気に片付けてしまいました。

引越しのときに、全部屋の壁紙を変えるつもりでいたのにぃ・・だのにぃ
やっぱりめんどくさくなって、そのままになっていた我が家屋。

ほとんどの部屋の壁紙が無機質な 『白』 ゆえ
ちびこが 「何度も入院した冷たい病室を思い出して仕方ない」 と言うのです。

mixi 時代からのお付き合い、私のカラーの師でもあるけいこさんちに
おじゃました際に、見せていただいたリフォームの本。

ごくごく普通の団地をお金をかけずに手間ひまかけて大改造。
したらばそこは、全くの別世界@カントリーな空間に・・という素敵な本。

そんな経緯もあり、我が家屋も大改造☆勢いに乗ってやってまえーーーっ!!!

トランスパレントスター02

トランスパレントスターなるものにも挑戦してみよう。

柔らかな色と光に溢れた、あたたかな我が家を目指して-
自分らしく、そこに住まう人らしく・・・素敵に彩ってゆきたいと思います♪

なんだかとっても楽しそう☆ 。+.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.+。


この記事のURL | 平々凡々的日常 | ▲ top
共生
2008/10/31(Fri)
girigira.jpg
                  photo is gri to gra


とんとん とんからりと 隣組
格子(こうし)を開ければ 顔なじみ
廻して頂戴(ちょうだい) 回覧板
知らせられたり 知らせたり

とんとん とんからりと 隣組
あれこれ面倒 味噌醤油
御飯の炊き方 垣根越し
教えられたり 教えたり

とんとん とんからりと 隣組
地震やかみなり 火事どろぼう
互いに役立つ 用心棒
助けられたり 助けたり

とんとん とんからりと 隣組
何軒あろうと 一所帯(ひとしょたい)
こころは一つの 屋根の月
纏(まと)められたり 纏めたり
       
        **『隣組』 徳山 **


屋根のないベランダに干した洗濯物が
暗雲もくもく、突然の豪雨に見舞われたときに
お隣のおばさんが、母屋に電話を掛けてくださり
「娘さんたちの洗濯物、濡れちゃうよーっ」 と
知らせてくださったとのこと。

反対隣のぼくちんのママさんからも
今まで何度も、そげなことがありました。

「雨降ってきたよーっ!早く取り込みな!」

毎日学校から帰ってくると、ランドセルをぽーんと放り投げ
虫取り網を片手に、ぼくちんと合流するちびこ。

ママさんとも、毎日毎日顔合わせ。

野菜やら旬の果物やら手作りおやつの端くれやらを
たわいもない話をしながら、どちらともなく物々交換。

「今晩のお米がない」 と言えば 「あるよ、何合?」 と
雑穀付のウマウマ新米が、我が家に舞い降り
「卵がない」 と言われれば 「いくつ?」 と差し出し
快く使っていただく。

戴き物があれば、ごっそりたっぷりお福分け。
お互い、戴き物のおすそ分けオンパレード☆

よく物が尽きないなぁ・・なんて驚くのと同時に
そうやって循環していると、必要な物が必要な時に
手元にやってくるのを実感します。

物のみならず、お隣さん@洗濯物騒動の優しいお心遣いなんかで
きちんと自分に戻ってくるような気がしてなりません。

引っ越し前に住んでいた小さなアパート。
かろうじてお隣のお兄ちゃんと上の階のお姉ちゃんぐらいしか
好意的に挨拶を交わす人はいず、関係はとても希薄でした。

実家近辺☆田舎特有の、ご近所さんとの関係の濃さを
うら若き頃は正直疎ましいと感じていたこともあったけれど・・

私の居ぬ間に、両親が時間をかけて
コツコツコツコツと築いてくれたこの信頼関係。

近くの家でバーベキューがあるとわかれば
またもや違うお隣さんが垣根越しに
「よかったら、おいでよ!」 と、誘ってくださる。

一人暮らしのおばあさんの安否を心配する。

朝、ちびこ&ぼくちんの登校のときには
見知った顔や知らないご近所さんまでもが
「行ってらっしゃい、気をつけてね!」 と
爽やかに送り出してくださる。

会えば、どこぞの誰それというのがパツンと判り
駆け込む家が、そこいら中にあるというのは
不審な者が頻出するこの世の中にあっては
最大の安心であると思います。

必ず誰かさんが気にかけてくださっている。
繋がりはある。
けれども過度に立ち入るワケではない。

時として、集会なんぞでゴタゴタすることもあるようですが
余計なことには立ち入らず関わらず・・
みざるきかざるいわざる 態勢。@(o-ェ-)@ノ ウキ

共生-

なんだろな・・この地に戻ってきてから
溢れる自然と共に生きているという思いがとても強くなりました。
自然の恵みを、心身ともに たくさんたくさん戴いている。

空、風、大地、星、虫、&ぐりとぐらそして七海ちゃん・・・Σ(- -ノ)ノ

自分にとって、とても心地のよいこの場所。

風通しの良さとか循環って、物理的にも精神的にも
生きてゆく上で、とても大切な要素なのではないか・・
そんな風に感じます。

人間、独りでは生きてゆけません。

お隣さんも含めて、この素晴らしい繋がりを
大切に育んでゆきたいと思います。

【おまけ】
楽しきハロリン(←ぼくちん風)の宵を!
Trick  m(^ー^m)~~ or ~~(m^-^)m Treat



この記事のURL | 平々凡々的日常 | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。