2017 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2017 03
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
同姓同名
2015/09/12(Sat)


花鳥園へ行ってきました。

花、華、花。




ふくろう。




走りまくる、ふくろう。




ふれあいコーナーの、うさぎ。




ペンギン界の…




サスケとピンキー。

いやはや、おんなじ名前とはね☆Ψ(`∀´)Ψ






ねこ界の、サスケとピンキー。

( ´_ゝ`)


スポンサーサイト
この記事のURL | 心の糧 --自然-- | ▲ top
曇天によせて
2011/02/18(Fri)
2011021608320001.jpg
2011021514580000.jpg
2011021514420000.jpg

たとえ、厚い雲に覆われていたとても
変わらずそこに在り続ける、富士、富士、富士。 ^^


この記事のURL | 心の糧 --自然-- | ▲ top
2010/08/01(Sun)
Pic0132.jpg

Pic0462.jpg


今日から8月。

暑さまっしぐら na 夏まっさかり☆ ^^



この記事のURL | 心の糧 --自然-- | ▲ top
2010/07/15(Thu)
7753519.jpg


昨日の夕暮れ、お天気雨なキツネの嫁入り中・・
虹を見ました。

辺りの空気が灰色に霞み、透明な氷柱のような雨がざんざんと降っています。

今日一日の役目を終えた朱色の太陽が、刻々と沈みかけているそのさなか
ふと東の空に目をやると・・

光が差し込む濃緑の山に、大きな七色の虹がかかっていました。

太陽、雨、空気、山、光・・そして、虹。

こんなに綺麗な虹を見るのは何年ぶりだろうかな。

まだ若かりし頃に、家の窓から見た虹があまりにも美しくて
涙がポロポロと止まらなかったのを思い出します。

家に帰ってくつろいでいても、テレビや本から何気なく
´虹´ が、チロチロと見え隠れ。

ささやかな日常を彩る、嬉しい出来事-
なんだか いいことたくさん、起こりそうだな。 ^^



この記事のURL | 心の糧 --自然-- | ▲ top
横濱寫真館
2010/05/17(Mon)
画像 70724572818

画像 70724573118

画像 707245739018

画像 70724575818

画像 70724575518


八景島と三渓園に行って来ました。

海の気をいっぱい吸って、新緑の候を満々喫々。 ^^



この記事のURL | 心の糧 --自然-- | ▲ top
風雅の趣
2009/06/12(Fri)
墨田の花火30

墨田の花火。

梅雨の静かな雨の中、淡藤色の小さな星を散りばめたよに
ひっそりと咲くこの花火。

華々しさはないけれど、これぞ日本の心なり。
和のかほり漂う、この紫陽花が大好きです。

お江戸情緒に思いを馳せ・・

蝉の時雨の降りしきる、暑き季節はすぐそこに- (^ー^)ノ☆*.。



この記事のURL | 心の糧 --自然-- | ▲ top
安らぎ処
2009/05/25(Mon)
5592457.jpg


もうかれこれウン年も潜っていないのですが・・

海の中にゆくと、とても心が安らぎます。

碧い世界に自分が溶け込んでしまったようで・・
まるで自分がなくなってしまったかのような感覚。

『戻ってきた』

そんな言葉がピッタリです。


2057011.jpg


ぷか~っと上を向いて、水面にゆらゆらと眩しく揺らめく
光の柔らかなカーテンを眺めるのが大好き♪


7290532.jpg


地元の伊豆の海しか行ったこたぁないので
いつか・・萬年生きとる亀さんが悠々と泳ぎ回る、こんな海へと潜ってみたいなぁ♪


この記事のURL | 心の糧 --自然-- | ▲ top
早春のディーバたち
2009/02/19(Thu)
ねこやなぎ

グレーと白とくすんだ碧の季節から

kawazuzakura.jpg

柔らかな色彩へと移り変わる 季節のはざま

sousyun.jpg

調和の緑と神秘の色を解き放つ 道端に咲く小さな花

kurokkasu.jpg

次々と芽吹いてゆく 繊細な色をまとった妖精たちに思いを馳せ・・
心静かに春を待つ


この記事のURL | 心の糧 --自然-- | ▲ top
巡る季節
2009/02/01(Sun)
ume.jpg

やわらかな風に乗って
ほのかな梅の芳香が漂ってきます。

もうそんな季節かぁ・・

なんだかやけに感慨深げに、どんどん記憶が遡ってゆきます。

引っ越し前のアパート。
目の前に梅林があったので、毎日外を眺めては
今日は二分咲き、三分咲き、あっという間にもう満開・・
季節の移り変わりを全身で感じていました。

梅祭り。
お仕事をしている時・・入居されているお年寄りと
ひらりひらりと粉雪舞い散る、息もけぶる寒い日に
思い立ったように出掛けてゆき、紅白濃桃の寒梅に心震わせ
ほっこりと湯気の立つあたたかな甘酒を
皆で談笑まじりに飲んだことを思い出します。
「来年も皆で揃って来れるかな・・」 なんて思いながら。

ふとした花の香りで、リアルな感情を伴って
記憶が呼び覚まされてゆく。

毎年変わらず同じ時期に咲き、同じ香りを放つ花々も
その体の全てで、きっと何かを感じているのでしょう。

木・火・土・金・水。
五行と呼ばれる自然界の妖精たち。

ただそこにあるだけなんだけれども
全てに命は宿っていて、ただそこにあるってことが
とっても大切なんだろうな。

その全てが、愛。
愛の顕れ。

ちらほらと開き始めた梅の花から
ふと、そんなことを思いました。

暦は如月、春はもうすぐそこに- ゚+.(^ー^).+゚.。oO

この記事のURL | 心の糧 --自然-- | ▲ top
あたたかな色
2008/10/28(Tue)
image014.jpg


朝晩、めっきり冷え込んできました。

ちびことぼくちんの白い息が
ぽわんぽわんと朝の静寂-しじま-に溶けてゆきました。
この秋お初、ちび獣たちの白い炎☆ [Gyaoh !!! (σ`(Å)´)σ]

これからの季節-
暖かな色に触れたくなります。

風邪など召されぬよう
みなさま、どうぞご自愛くださいませね♪


この記事のURL | 心の糧 --自然-- | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。