2008 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2008 06
おひさまのたね
2008/05/31(Sat)
こどもは誰もが お日さまの種を握って
生まれてくるんだよ

笑顔の日差しと涙の雨が 君の大地に
注ぎ込む

お日さまになれ お日さまになれ
優しく強い 心を持って

お日さまになれ お日さまになれ
そばにいるだけで あったかい

言葉に出しても伝わらないけど
いつでも 両手は広げてる

振り切るのもいい つかまるのもいい
君の命が潤うなら

お日さまになれ お日さまになれ
笑っていつか話をしよう

お日さまになれ お日さまになれ
離れても心は そばにいる

明日の天気にくよくよするほど
君の大地は小さくない

お日さまになれ お日さまになれ
優しく強い 心を持って

お日さまになれ お日さまになれ
そばにいるだけで あったかい

             **西島 三重子**



※ちびこが、ほーく園の卒園式で歌った曲です。
大人への、力強いメッセージにも受け取れて-

サウイウヒトニ、ワタシハ ナリタイ。


この記事のURL | 心の糧 --響-- | CM(6) | TB(0) | ▲ top
調和
2008/05/29(Thu)
『ハーモニー』

zen058Harmony.jpg


自分のハートに耳を傾けなさい。
どんな危険が伴おうとも、自分のハートに従って動くがいい。

「完璧な単純さの条件は、あらゆるものより高くつくことはあっても
安くつくことはない……」
単純であることはきわめてむずかしい。
というのも、単純であるためには、あなたの持っている
あらゆるものが犠牲になるからだ。
単純であるためには、あなたはすべてを失わなければならない。
人びとが複雑であることを選び、どうしたら単純になれるのかを
忘れてしまったのはそのためだ。
だが、単純なハートだけが神と共に手を取り合って打ち震える。
単純なハートだけが神と共に深いハーモニーを保って歌う。
そのポイントに行き着くために、あなたは自分のハート、自分自身の
胸の高鳴り、自分自身のビートを見いださなければならない。


【解説】
瞑想してハートのなかで安らいでいるという体験は、つかんだり、
強いたりできるものではありません。
それは、私たちが私たち自身の内なる沈黙とさらにさらに調和して
成長していくにつれて、自然とやって来ます。
このカードの人物は、この体験の甘美さと繊細さを反映しています。
ハートから現われ、第三の眼に向けてアーチを描いているドルフィンたちは
私たちがハートとつながりを持ち、そこから世界へと入って行くことが
できるときに訪れる、遊び心と知性を反映しています。
今は自分をもっと柔らかくして、もっと受け容れるようにしましょう。
というのも、言葉では言い表わすことのできない喜びが
すぐそこであなたを待っているからです。
それを、あなた以外の誰かがあなたに示して見せることはできませんし
あなたがそれを見いだしても、ほかの人に言い表わす言葉は
見つからないでしょう。しかし、それはそこに、あなたのハートの奥深くにあります。
熟し、発見されるばかりになって——。

                                      **Osho 禅タロット**


この記事のURL | Osho 禅タロット | ▲ top
翼をください
2008/05/27(Tue)
いま私の願いごとが かなうならば 翼がほしい
この背中に鳥のように 白い翼 つけてください

この大空に翼をひろげ 飛んで行きたいよ
悲しみのない自由な空へ 翼はためかせ
行きたい

いま富とか名誉ならば いらないけど 翼がほしい
子どものとき夢みたこと 今も同じ夢に見ている

この大空に翼をひろげ 飛んで行きたいよ
悲しみのない自由な空へ 翼はためかせ

この大空に翼をひろげ 飛んで行きたいよ
悲しみのない自由な空へ 翼はためかせ
行きたい

                       **赤い鳥**



この記事のURL | 心の糧 --響-- | ▲ top
つぶやき続きな、今日この頃
2008/05/23(Fri)
ギャオスおばちゃんの態度に、全く動じなくなったり
ズドンと哀しくなってみたり・・・

やっぱり自分は、とっても人間くさかった。 (▽*)ブブ
急には止まれぬ赤信号。 

話は変わりますが、最近とてもよく 身近な方の死に接します。

昨日もお通夜。

近所のおじちゃん。まだ50代・・でしょうか。
身体的な事情で、かなり辛い思いをされていたかとお察しするのです。

働き者で、明るくて、子供好きで。
私が幼少の頃から、兄妹共々近所の仲間たちも併せてよく遊んでいただいた記憶が
鮮明によみがえります。

あまりに突然のことで、言葉を失ってしまいました。

私の実姉は、癌です。
発症当時の進行度はかなりのものだったとのこと。
ほとんど余命の世界の中で、彼女は見事 蘇りました。

毎年、精密な検査が行われているのですが
「 『再発まったくなし。奇跡だ!』 と、医者があきれているよ ^^:」 なんて
ほっとするメールを、その度に送ってくれます。
(私のかかりつけ医にもそんな経緯を話したところ、やはり 「奇跡だ!」 と同じ反応)

大の酒豪。
今では、担当の執刀医と看護師さんらと飲むなんてことも
珍しくはないそうです。

二度にわたる大手術の数ヶ月後には
「仕事に戻りたい」 と、自ら志願して復帰。

本当は、地元に戻ってきてゆっくり静養でも・・なんても思ったのですが
彼女から 《東京とお酒と仕事》 を奪ってしまったら
またたくまに生気を失ってしまうだろうということは
火を見るよりも明らかだったので、本人の意思のままに。

宣告を受けた時、医者の
「大変なことだから、両親を呼びなさい」 の言葉に
「心配は掛けられません。私ひとりで全て受けます」
そう答えたとのこと。
(呼ばれた両親の、それも父がげっそりと参ってしまったらしく)

死と隣り合わせで生きている姉は、とてつもなく強くて美しいと感じます。
人前では絶対に弱音は吐かずに、いつも毅然としている姉。

「人を責めちゃだめだよ、絶対に。冷静に眺めていれば、それでいい」

私のグチメールに、必ずやそう返答してくる姉。

死。

病を持っていなくても、この肉体を去るときは ともすれば明日かもしれない。
姉でなくても、皆同じ。

雑多な出来事は、たくさんたくさんあるけれど。
《いま、ここ》 を、悔いを残さず懸命に生きてゆこう。

そしてまたもや、あおさんとこでは共振記事UPの巻なのでありました。


この記事のURL | つぶやきのカケラ | CM(10) | TB(0) | ▲ top
鏡の術-其の弐
2008/05/21(Wed)
昨日のお話の続きなぞ。
けふは ちいとばかし、ネガチブモードでやんす。

ますます激化するギャオスおばちゃんの、その態度。

何を話しかけてもウンともスンとも返答なし。
ドラえもんの石ころ帽子を被ったかの如く
その場にいないように扱われてしまう この私、そして同僚。

もひとりのおばちゃん曰く
「前の職場でも、無視されてた人が何人かいたのよ」

因を探ってみたところ-
私と同僚とギャオスおばちゃんがたわいもないお話をしている最中に
ギャオス側に急ぎの仕事が入ったらしい。

そのまましゃべり続けるギャオスおばちゃん。
「それ、急ぎですよ。さっきも言いましたよね」 と
上司にやんわり言われるギャオスおばちゃん。

上司の言葉にとても傷ついたのか
動揺するギャオスおばちゃん。

その時の話相手だった私と同僚が
あえなく標的になってしまった・・・とまぁ
もひとりのおばちゃん探偵によると、こんな推測が成り立つそうで。

「でもね、私もおしゃべりはするし あなたたちに非はないのよ。
自分の心が上手く消化出来ずに、悩んでいるんじゃないかしら」

前日まで、こちらが恐縮するほど とても好意的に接してくれていた方が
こうも豹変してしまうのかと、心が痛くて痛くって・・・

同僚は
「気にしない方がいいっスよ。回復を待つ。大人版☆中学生日記だね ((ヾ(∀´* ) 」

もひとりのおばちゃんも、ことあるごとに私の側にそっと寄ってくれ
「大丈夫!絶対大丈夫だからね!」 と
ひっそりとエールを送って下さる。

その優しさに、こらえきれずに どばっと涙が溢れた瞬間
通りかかった他の同僚。
「どうしたんスか?仕事?」

つたないくだらんギャグで返したところ
「そんな時はね、また飲み会、飲み会!」

光と影。

影に覆われつくされてしまった時こそ
光のありがたみがよくわかる。

全く自分は心が弱い人間です。

この出来事が、どこかに繋がっている祝福だなんて
今は到底 考えられないけれども
それでも流れに身を任せながら、強い意志を携えて
毎日を懸命に生きてゆく。

ギャオスおばちゃん、私の何を映し出しているのだろうか。

そんな時、あおさんとこではこんな記事が。
涙が止まりませんでした。

そして天使のささやきさんのとこでも、こんな記事が。

しかも今日の 《響 -message-》 の言葉といえば・・

『人生は短いから、 私は憎しみや不正をいつまでも
心に残してなんかいる暇がないような気がするの。
                    **シャーロット・ブロンテ**』


偶然とは思えないこのお言葉の数々。

光の温かさが体中に染み渡る。 。・゚・(ノ-`)・゚・。
ありがとう、ありがとう。

《被害者》でいる限り、そして自分の心を閉ざしている限りは
いつまでたってもそこから先へは進めない。
原因を突き止めることに専心するよりも
「いまここで何をするか、何が出来るか」 に専念しよう。

さてと。
ゆっくりと・・心の湖へと舟を漕ぎ出してみようかな。
隠れて見えなかった景色が、美しく現れてくるかもしれないから。


この記事のURL | つぶやきのカケラ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
鏡の術-其の壱
2008/05/20(Tue)
以前もそう感じたことがあったのですが-

なにやら自分の中に、もやもやしたものがあり
それが尾を引いているのか、ちびこの スペショーのんびり度を
目にするたんびに、ツンツンケンケン怒怒怒の怒。

ここんところ、そんな数日を過ごしておりました この自分。

職場に行って、おや びつくり。
とっても優しいおばちゃんが、まさにそのよに変身なさっていたのですよ。

話しかけても何しても、目も合わさずにツンツンケンケン。

えぇえーーーっ? !!(。☉౪ ⊙。)!!

初めて目にする、そのお姿。

同僚に対しても同じく、とのことで
「オレ、なんかしたかなぁ」 と、悩み狂っておるその仲間。

もひとりのおばちゃんの耳元で、そっと尋ねてみると
「あ、また出た?ここんとこ、なかったんだけどねぇ~」

The 達観。

なんでも、ご自分がいっぱいいっぱいの状態に陥ると
周りが全く見えなくなって、ツンツンケンケン怒怒怒のギャオスに
変身なさってしまうのだそう。

「ご家庭で何かあったのか、それとも何か悩みがあるのかしらね」

まるで、ここ数日の自分を眺めているようでした。

『人生、鏡の法則』 とはよく言ったもんで。

痛いほど伝わってきた、された側のちびこの気持ちと
なにがあったかは定かでないが、ギャオスおばちゃんの
容量maxなその気持ち。

否定的な態度を取られたときは、この上なく哀しい気分で埋め尽くされ
心がきゅきゅっと萎縮してしまうように感じられるけれども
よくよく考えてみれば-
自分も余裕なんてないときゃあ、馬車馬のように周りになんて目もくれず
ひたすら真顔で走り続けている時もあるし、知らぬ間に人さまの心を
傷つけてしまったり・・なんてぇことは、数限りなくあるわけで。

お互いさま。

そういうときに、心ゆらゆらと揺らめかずに
自分らしくいられる自分でありたいと、切に切に願うのであります。

自分の内にないものは、決して外へは現れぬ。

まずは自分を大切に-

日々に翻弄され、ふと忘れかけていたその言葉。
「思い出して」 の印だったのかな。


※ 『己を正せ』 と、以前同じよな記事を書いた記憶がちらほらり・・っと。 ( ̄- ̄=) 嗚呼


この記事のURL | つぶやきのカケラ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2008/05/14(Wed)
人生の 浮きも沈みも 苦も楽も
心の舟の 舵の取りよう

   **昭和のチンドン屋さんの口上**



ふと耳にしたこの言葉、心に響いたので
メモ、メモ、メモ。 (((φ(..。)


この記事のURL | 心つながる。o○メッセージ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
出し惜しみ
2008/05/13(Tue)
微笑みが一つしかなくても、愛する人達にそれをあげなさい。
家で不機嫌にしてないで、街に出て全然知らない人に微笑みかけるのよ。
                                   **M・アンジェルー**



いつもおじゃまさせて頂いている、大好きなジーニーさんのサイトでの
先週の私の星の予報。

今しなくてはならないのは、出来ないことを探すことではない。
出来ることをしっかりと認識することである。それによってあなたの周りの世界は
確実に変わってゆくはずなので、これ以上の 出し惜しみ をしないように。
あなたの内面にある愛は、引き出して表現することによって
初めて生きてくるのだから、そろそろ思い切って行動にうつしてみよう。
(後略)・・・


出し惜しみ。
出し惜しみったら、出し惜しみ。

妙にこの言葉が心に残り-

そうだな。
確かに自分は、常に100㌫の思いを行動に移しちゃあいないのかもな・・と
改めて思い知らされた、何気のないこの一言。

人さまに親切を施そうとて
「迷惑じゃあなかろうか」 と、余計なことを思ったり
「これぐらいでもう、十分だろう」 なんて途中で引き上げてしまったり。

ほんの小さなことに対してだけれども、お礼を申し上げようとて
「後でいっか」 と、思い立ったその時になさないために
思わず機を逃してしまって 「ま、いっか」 と流されてしまったり。

とにもかくにも、出し惜しみ人生まっしぐら。 [←演歌の曲名にも なりゃせんて (。-`ω-)ン ]

この小さな日常の積み重ねの中で
その時々に満㌫、精一杯の自分を込めて生きてみようか。
そろそろ怖がらずに、スッポーンと飛び立ちてみようか。

もったえないぜよ、たった一度のこの人生。

新たな決意を胸に秘め、再出発を繰り返すこのワタクシなのであります。


この記事のURL | 自分-多面体的ホログラム- | CM(4) | TB(0) | ▲ top
RAINBOW IN MY SOUL
2008/05/04(Sun)
時は流れていても 何も変わらない
またひとつ季節が過ぎて

賑やかな街並みに 君を連れ出して
ありふれた言葉でささやいた

あの頃何かが壊れかけて せつなく揺れていた
夢が終わらないように

失くしてしまうことは 悲しいことじゃない
輝き続けている いつまでも
There's a rainbow in my soul ...

「さよなら」 と言えないで 夜明けまで過ごした
街の空は高く 晴れて

あの頃すべてがわかりすぎて 涙をこぼした
夢が終わらないように

失くしてしまうことは 悲しいことじゃない
輝き続けている いつまでも
There's a rainbow in my soul...

あせらずにゆくさ 何も迷うことはない

失くしてしまうたびに 君は強くなる
ああ-輝き続けている いつの日も
There's a rainbow in my soul...

破れた胸のどこかで 輝き続ける
There's a rainbow in my soul...
幸せの夜明けのために 輝き続ける
There's a rainbow in my soul
in my soul in my soul in my soul ...

さよならBlue
There's a rainbow in my soul
さよならBlue
There's a rainbow in my soul
さよならBlue
There's a rainbow in my soul ...



                **佐野 元春**


この記事のURL | 心の糧 --響-- | CM(4) | TB(0) | ▲ top
日々邁進中
2008/05/02(Fri)
mixi邸を飛び出し、blog家をトンテンカンと建ち上げまして
ようやく1年が経ちました。

瞬々、変わってゆく自分。
その中にあって、変わらないもの。

よく 『原点に立ち返って』 なんて申しますが
この自分、いまだその原点を模索中。

自分との繋がり。友人との繋がり。
世間との繋がり。皆さまとの繋がり。

生きとし生けるもの-全ての命との繋がり。

最近その 《繋がり》 が、とても嬉しいと感じる私なのです。

相変わらずスマートには程遠く、ガタゴトガタゴトと生きておりますが
そんな自分もまたよろし・・かな?

こんな私ではありますが、これからもどうぞ
ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。
(↑↑ なんだかカチコチだね ゞ(゜ε゜ヽ )

∞しずく∞家へ遊びにいらしてくださる皆さまへ、
そして宇宙の万物へ-
溢れるほどの愛と感謝を込めまして・・・

(o゚∀゚)ノ ☆.。.:*・゚ ありがとうございます ゚・*:.。.☆ ヽ(゚∀゚o)

Simple is best.

ありのままの自分自身でいられますように-


この記事のURL | ごあいさつ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン |