2008 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2008 09
時の流れに身を任せ
2008/08/31(Sun)
7828242.jpg

なんだか随分と久方ぶりの更新となってしまいました。

ご無沙汰ご無礼を、どうぞお許しくださいませ。

実ぁ この夏、ずーーーっと体調を崩しておりまして。
頭痛、ふらつき、目眩、倦怠感、息も絶え絶え、and so on 。

病院へ行っても異常なし。
せかんどおぴによんを訪れたとて、ここでも同じく異常なし。

2つの医院を行ったり来たり~

訪れる度に体重が激減して、狂骨化(←鬼太郎の妖怪) してゆく私を見て
2人のお医者さまは、こう仰せられました。

「今の仕事を辞めなさい」

早朝3:30起きにて、家人のお弁当&食事の支度をし
空調の効いていない倉庫内で、ひたすら重い荷物運搬の
男並みの力仕事はあなたには向いていない、と。

併せて
「無理をするべからず。家族と自分をもっと大切になさい」 と。

夏の初めに 「このままでいいのか、わたしの仕事」 と思っていたので
今年いっぱいはココにいて、来年から再始動だ!なんて
考えていた矢先のことで。

転機はカラダの悲鳴と共に、こんなにも早く-

てな感じの、夏から初秋にかけてのワタクシメなのでありました。 [哀愁漂う後姿]

明日から もう長月。
気持ちを新たに、ぼちらぼちらとゆきたいと思います。

皆さまも、季節の変わり目ゆえ どうぞご自愛くださいましね♪



この記事のURL | 雑多諸々 | ▲ top
ゆったり まったり
2008/08/06(Wed)



大人系メロウなサウンドで ちょっくら一服~
ひとやすみ、ひとやすみ♪




この記事のURL | 心の糧 --響-- | ▲ top
或る日、突然に
2008/08/05(Tue)
ne0023m.jpg


ふっと
「このままの仕事でいいの?」 と
心のポツリとつぶやく声がして、日増しに強くなってゆく-

この春から、介護に復帰する予定でいた私。
私の大尊敬する大ちゅきちゅき先輩と
共にまた働く予定ではあったのですが。

同時期に、ちびこの入退院が重なって
そのお話はお流れに。

今はまだ その時でないことを悟り
いかなるちびこの体調にも対応出来るようにと
昨冬から始めた 荷物屋@早朝仕分けレンジャー[シャッキーン]
いまだ継続しているのであります。

ギャオスおばちゃんもナリを潜め、人間関係申し分なし。
楽しい楽しい職場です。

「介護に戻ったらまた、いっぱいいっぱいになって自分が潰れてしまうかも」
実のところ、そんな危惧を密かにはらんではいたので
ちゅきちゅき先輩に相談したところ
「あたしだったら、気楽な 屋 を選ぶね。やだよ、もう。こんな大変な仕事」 Σ(- -ノ)ノ
・・なんてぇ言いながら、好きなくせに ('∀`)

「そうだな。そうだよ。もう、いいや。
今まで懸命に働いてきたから、そろそろ気楽なところに安住しよう」

そんな風に思っていたハズなのですが。

そんな思いとは裏腹に、どんどこどんと募ってゆくその心。
「よくわからんが」 つうのが正直な感想。

今度こそは、自分の心にフタをせず
心の赴くままに、進んでゆきたいと思います。

ちびこに尋ねてみたところ
「水晶に聞いてみる (←ラムネのビー玉)。う~ん・・そこはどうかなって出てる。
それよりも、ほにゃららスーパーのレジがいいって出てるよ ⌒゚(´ー`)゚⌒ 」

「パパはなんて言うかな?」

「水晶に聞いてみる・・・パパは、いいとも悪いとも言わない。
自分で決めて欲しいと思ってる」

Σ(- -ノ)ノ

まさにドンピチャ、その通りにござりました。

「どこへ行こうとも、心の安泰を保ってくれれば」 との
条件付にて。

キャナダ姐も
「自分がやりたい仕事をすることは、精神的にすごく大切なこと。
今、私はとても楽しいから」

突き進んでゆくうちに、また違った視界が拓けてきて
全く違う方向に進んでゆくかもしれない。

それでも-
『もはやそこで、立ち止まっている必要はないんだよ』

そんな声が聞こえてきてならない、今日この頃の私なのであります。



この記事のURL | つぶやきのカケラ | ▲ top
2008/08/01(Fri)
yun_4046x.jpg
                         Photo by (c)Tomo.Yun

虹を見ました。20年ほどぶりに。

車を走らせている途中に、ちびこが
「あ!虹だ!」

私たちの地表をを包み込むようなアーチ型ではなく
陽は陰っていたのですが
ある一つの雲を、優しく彩っているかのような・・
白いパレットの上で、無造作に混じり合った絵の具が
そぉっとのっかっているような。

光沢のあるアクアマリン、ヴァイオレット、
スカイブルー、そしてライトピンク・・・

控えめな色が、静かに混じり合って
ぼやけた境界あたりに、今までに見たこともないような
なんとも不思議な色をかもしだし。

「虹が見たいな」 と思っていたのです。ここのところ、ずっと。
長い間、見ていなかったから。

最後に見たのは、友人と出掛けた信州での青空の澄んだ空気のもとで。

無意識でしょうか。
Somewhere Over The Rainbow 虹の川 の記事のup、
もいっちょおまけに ちびこの絵 にも、お空に虹がかかっている。

そして幾年かぶりの学生時代の友人からの 「会おうよ」 メール。
その友人の勤め先名たるや、しっかりと 《虹》 を冠しているのです。

ちびこ曰く、
「そのおともだちに会いなさいってことかもね」

思えば、虹を見ていなかったその期間てば-
ずいぶんと気持ちが重くって
色の褪せた、黒い黒い時期だったような気がするな。

気持ちが軽く、善き選択をしていると思える今日この頃の私。

虹。

どんな意味なんだろかな。自分の内に聞いてみよう。



この記事のURL | 心の糧 --自然-- | ▲ top
| メイン |