2008 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2008 11
共生
2008/10/31(Fri)
girigira.jpg
                  photo is gri to gra


とんとん とんからりと 隣組
格子(こうし)を開ければ 顔なじみ
廻して頂戴(ちょうだい) 回覧板
知らせられたり 知らせたり

とんとん とんからりと 隣組
あれこれ面倒 味噌醤油
御飯の炊き方 垣根越し
教えられたり 教えたり

とんとん とんからりと 隣組
地震やかみなり 火事どろぼう
互いに役立つ 用心棒
助けられたり 助けたり

とんとん とんからりと 隣組
何軒あろうと 一所帯(ひとしょたい)
こころは一つの 屋根の月
纏(まと)められたり 纏めたり
       
        **『隣組』 徳山 **


屋根のないベランダに干した洗濯物が
暗雲もくもく、突然の豪雨に見舞われたときに
お隣のおばさんが、母屋に電話を掛けてくださり
「娘さんたちの洗濯物、濡れちゃうよーっ」 と
知らせてくださったとのこと。

反対隣のぼくちんのママさんからも
今まで何度も、そげなことがありました。

「雨降ってきたよーっ!早く取り込みな!」

毎日学校から帰ってくると、ランドセルをぽーんと放り投げ
虫取り網を片手に、ぼくちんと合流するちびこ。

ママさんとも、毎日毎日顔合わせ。

野菜やら旬の果物やら手作りおやつの端くれやらを
たわいもない話をしながら、どちらともなく物々交換。

「今晩のお米がない」 と言えば 「あるよ、何合?」 と
雑穀付のウマウマ新米が、我が家に舞い降り
「卵がない」 と言われれば 「いくつ?」 と差し出し
快く使っていただく。

戴き物があれば、ごっそりたっぷりお福分け。
お互い、戴き物のおすそ分けオンパレード☆

よく物が尽きないなぁ・・なんて驚くのと同時に
そうやって循環していると、必要な物が必要な時に
手元にやってくるのを実感します。

物のみならず、お隣さん@洗濯物騒動の優しいお心遣いなんかで
きちんと自分に戻ってくるような気がしてなりません。

引っ越し前に住んでいた小さなアパート。
かろうじてお隣のお兄ちゃんと上の階のお姉ちゃんぐらいしか
好意的に挨拶を交わす人はいず、関係はとても希薄でした。

実家近辺☆田舎特有の、ご近所さんとの関係の濃さを
うら若き頃は正直疎ましいと感じていたこともあったけれど・・

私の居ぬ間に、両親が時間をかけて
コツコツコツコツと築いてくれたこの信頼関係。

近くの家でバーベキューがあるとわかれば
またもや違うお隣さんが垣根越しに
「よかったら、おいでよ!」 と、誘ってくださる。

一人暮らしのおばあさんの安否を心配する。

朝、ちびこ&ぼくちんの登校のときには
見知った顔や知らないご近所さんまでもが
「行ってらっしゃい、気をつけてね!」 と
爽やかに送り出してくださる。

会えば、どこぞの誰それというのがパツンと判り
駆け込む家が、そこいら中にあるというのは
不審な者が頻出するこの世の中にあっては
最大の安心であると思います。

必ず誰かさんが気にかけてくださっている。
繋がりはある。
けれども過度に立ち入るワケではない。

時として、集会なんぞでゴタゴタすることもあるようですが
余計なことには立ち入らず関わらず・・
みざるきかざるいわざる 態勢。@(o-ェ-)@ノ ウキ

共生-

なんだろな・・この地に戻ってきてから
溢れる自然と共に生きているという思いがとても強くなりました。
自然の恵みを、心身ともに たくさんたくさん戴いている。

空、風、大地、星、虫、&ぐりとぐらそして七海ちゃん・・・Σ(- -ノ)ノ

自分にとって、とても心地のよいこの場所。

風通しの良さとか循環って、物理的にも精神的にも
生きてゆく上で、とても大切な要素なのではないか・・
そんな風に感じます。

人間、独りでは生きてゆけません。

お隣さんも含めて、この素晴らしい繋がりを
大切に育んでゆきたいと思います。

【おまけ】
楽しきハロリン(←ぼくちん風)の宵を!
Trick  m(^ー^m)~~ or ~~(m^-^)m Treat



この記事のURL | 平々凡々的日常 | ▲ top
Earth-rise
2008/10/30(Thu)
kaguya_01.jpg


満地球の出。

私たちが毎日当たり前のように
太陽、そして月の入り出を眺めるように
広い宇宙の何処星からは
こんな風に・・空にぽかりと瑠璃の地球が
浮かんでいるのが見えるのかも。

そこではこの星、なんと呼ばれているのかな。 (´-`)


この記事のURL | ∞ 宇宙 ∞ | ▲ top
あたたかな色
2008/10/28(Tue)
image014.jpg


朝晩、めっきり冷え込んできました。

ちびことぼくちんの白い息が
ぽわんぽわんと朝の静寂-しじま-に溶けてゆきました。
この秋お初、ちび獣たちの白い炎☆ [Gyaoh !!! (σ`(Å)´)σ]

これからの季節-
暖かな色に触れたくなります。

風邪など召されぬよう
みなさま、どうぞご自愛くださいませね♪


この記事のURL | 心の糧 --自然-- | ▲ top
七五三
2008/10/26(Sun)
7419293.jpg


大安吉日。
ちびこの七五三を詣でることが出来ました。

両ばあばと私とちびこ。女衆☆のんびり参拝吉日の旅。

ダンナは仕事にて今年も欠場。
(心だけは、きちんとこっそり参加の巻)

深まりゆく秋の一コマ。

母との関係に殆ど軋轢を感じなくなった今
あれやこれやと、いらぬ気を回すことも全くなくなり
母、そして心根優しいお義母さんと共に出掛けることの出来る幸せを
心からかみしめた、ささやかな一日でした。

大社の中で、鹿やら鯉やら鳩、亀、かるがも、どんぐり。
自然と戯れ、大喜びのちびこ。

ご先祖さま、そしてこのばあばたちがいてくれたからこそ
育まれた尊い命の数々。

何気ない日々を送ることの出来る奇跡を
改めて心に刻み込んで・・
そして、毎日頑張っているちびこの成長を心から慶ぶと共に
自分自身の恵まれた小さなひとつひとつにも
心の底から感謝して-

全ての存在に、ありがとう。 (^ー^)ノ☆*.。

嬉し楽しき、最高の一日でした♪


この記事のURL | 平々凡々的日常 | ▲ top
航海の羅針盤
2008/10/25(Sat)
yun_3612x.jpg
                  Photo by (c)Tomo.Yun



Don't think, just feel.  **Cyril**


この記事のURL | 心の糧 --言の葉-- | ▲ top
なんにもない、なんにもない
2008/10/24(Fri)



なんにもない なんにもない
まったく なんにもない
生まれた 生まれた 何が生まれた
星がひとつ 暗い宇宙に 生まれた
星には夜があり そして朝が訪れた
なんにもない 大地に ただ風が吹いてた


懐かしいです。
原始の心を忘れずに・・ (´∀`)


この記事のURL | 心の糧 --響-- | ▲ top
イヌのいいぶん ネコのいいわけ
2008/10/22(Wed)
昨日行ったちびこの病院の本棚に
またもや目ぼしき本を発見!

イヌのいいぶんネコのいいわけ―イヌとネコにともだちになってもらう本イヌのいいぶんネコのいいわけ―イヌとネコにともだちになってもらう本
(1998/02)
なかの ひろみ福田 豊文

商品詳細を見る


最近ねこにゃんにメロメロな私(と、家人)に
なんとタイムリーなこの本・・
神さま、どうもありがとう。((✪ฺܫ✪ฺ)ฺ)

◇夢より、未来より、今が大事。
  ずっと先のことなんて、つまらないわ

◇自分の気持ちに素直なの。
  しっぽ、目、耳、顔、体、そして匂いまで使って
  自分の気持ちを表す-口先だけじゃないわ

◇自分勝手、おまけになかなかの頑固者。
  今日だけ、今だけ特別、という考え方は通じない

◇寝るのは省エネ、決してさぼっているわけじゃない。
  無駄なエネルギーを使わず、いざというときに備えるのが
  動物の基本なの

見習わねば☆

あれやこれやと考えあぐねて
無駄なエネルギーを消耗しがちな人間諸君!
(↑↑↑ もち、私もでやんす ^^; )

ねこにゃんから学ぶことは、計り知れず-
たくさんたくさんあるのです。(^ー^)ノ☆*.

。✽・,.+✽ 。✽・,.+✽ 。✽・,.+✽ 。✽・,.+✽

今朝も七海ちゃんが遊びに来てくれました。
まんまる顔の、とってもキュートな女の子。
あ・・キャラメルコーンが写ってまった ・・ (^-^;)

画像 609

その傍らで、ごろにゃんしゅりしゅり、ぐりとぐら。
いつでもどこでも一緒です。

画像 612

しまいにゃエルボくらわされ、ベロベロなめられ・・

画像 613

あまりにぐりがしつこいので、ぐらがウーヽ(`Д´)ノ と怒って
軒下に避難してしまいました。 ( ̄▽ ̄;)

VIVA☆VIVA☆ねこにゃん!!!

【ひっそり追記コーナー】
「オレは、全てが気分次第なネコは嫌いだね」
そう言っていたダンナ。

私は見た。

朝、ねこにゃんたちに出会うと
「よおっ!元気か?( *`∀´*)ノ 」
なんて、毎日密かに挨拶を交わしているのを。(。-∀-))



この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
七つの海
2008/10/21(Tue)
09_sanbikki_sam.gif


最近、可愛い くろトラの女の子が
時々、我が家に遊びに来ます。

目がパッチリしていて、口がおちょぼの
今どきの、とってもかわゆい女の子。

どうやら、ぐりとぐらのお友だちのよう。

朝はウチで、夕には母屋で
ご飯をたらふく食べている ぐりとぐら。

ダンナ曰く

「『ウチにはよ、いつも旨い飯があるんだぜ。食べに来いよ!』 って
茶太郎とドラが誘ってんじゃねぇのか?」
(↑↑↑ ダンナにはダンナ式の呼び名があるようです)

かも。 ((´∀`))

七つの海、という意の七海-ななみ-ちゃん。
またもや、ちびこさん命名。

お仲間が増えて、ますます賑やかな我が家です。

すっかり車は、足跡オブジェのにゃんこ仕様。
(時々、朝露で滑るらしく・・フロントガラスには
にゃにゃあーっ!ヾ(`Д´)ノ と、かなり力強い線が。
にゃにゃんこ書道家でもあるようです)

ぼーっと眺めているだけで、自然に笑みがこぼれます。

ありがとう☆ぐりぐら&ななみちゃん!


この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
秋深し
2008/10/19(Sun)
1291018.jpg


朝、玄関を出ると真正面に見える富士山。
うっすらとてっぺんに白い雪が・・
初冠雪のようです。

木々の木漏れ日が、優しく揺らめいています。

空から一枚、また一枚・・
色とりどりの枯れ葉が、まるで天使の羽根のように
ひらひらと舞い落ちてきます。

銀杏の木が、ほんのりと黄色く色付きはじめました。

すっかり家族のメンバーとなった ぐりとぐら。
(↓↓↓ ウチのは猫にゃですが )

picture1.gif
.              Illustrations(c) Yuriko Omura

ぽかぽかの日なたを求めては
あっちにこっちに二人旅。 [にゃー]

山に囲まれた我が家の夜は、鈴の音色やカラコロカラリン・・
虫たちのシンフォニーに包まれて
静かに夜は更けてゆきます。

田舎暮らしの贅沢さ。

ただここにいるだけで
豊かな気持ちでいっぱいになります。

大いなる自然に・・・感謝 ♪


この記事のURL | 心の糧 --自然-- | ▲ top
保留
2008/10/18(Sat)
ちびこの血小板が減ってしまったため
ここのところ、またまた病院通いの私たち。

病院の本棚で、こんな絵本を見つけました。

image_prof.jpg

**小学5年生の普通の女の子、タエ子。
男の子のこと、友だちとのトラブル、姉妹ゲンカ、学芸会の思い出等
誰にでも覚えのあるエピソードを通して、元気に成長していく姿を
昭和40年代を舞台に展開します。**

短編ストーリーがいくつか集まった、オムニバス。
映画とは、ちぃとばかし内容が違うようです。

はじめてお父さんに平手打ちされた時に
「ほんとうはね・・」 と言いたかったけれども、くっと飲み込んだ本心。
おともだちに言えなかった言葉、ほんとはこうして欲しかったんだ・・と
思いつつも、心の奥底にしまいこんでしまった言葉の数々-

自分の状況と、重なって見えました。

ああ、そういえば。
子どもの頃から、言いたかったけれども
飲み込んでしまった言葉ってたくさんあったな。

あの時は 「こう言えばよかった、ああすればよかった」 なんて
後悔の海の中に漂って、ぼやらーんとしたまま何処か遠くへ
行ってしまいそうだったけれども。

でも、現に私は生きている!
そん時の自分、よく頑張ったね!

なんだかこの絵本を見て
「それはそれで、よかったんだな」 と
胸のつかえが取れたような気がしました。

つい先ほどまでしていた仕事の中で起きたトラブルに関しても
本当はその場その場で、明らかに非のある相手に言葉を投げかけて
パツンパツンと解決してゆけたらどんなにラクだったか。

でも、こちらには解らない、相手には相手の思いというのがあって
それは本当の解決にはならないとわかっていたから
浮かぶ言葉を飲み込んで、飲み込んで-

ましてや自分勝手なきまぐれで人を操作しようとするような人たちに
そのような正当な手は全く通じない・・暖簾に腕押し。

(大人になった自分、言いたい言葉を飲み込むつうのは
それはそれは大変な作業でした 。・゚・(ノ∀`)・゚・。)

もちろん、そんな人たちの姿も私の何がしかの表れだとは
アタマでは解ってはいるのですが。 ( ̄  ̄) …
今回は、その状況の意味すらも追うこともせず
とりあえずは流れのままに、保留扱い。

今まで何か事が起こると、その辛さから逃れたいがために
ジタバタとその場で解決を試みていた私にとって
『保留』 というのは、人生初めての選択でした。

その場で答えを出さなくてもいい。
思いの全てを言葉に表さなくてもいい。
全てを知ろうと、わかろうと努力しなくてもいい。

全く違った場所で、予期せぬ場面で
ごくごく自然に、さまざまな真意がわかるときが必ず来るから。

その時々の自分は、どんな状況、どんな心境であれ
それでOKなのですから-

昔の自分も、今の自分も、そしてこれからの自分も。

今を精一杯生きていれば、それでいい。
人生は、その一コマ一コマの連続なのですね。

焦らず、のんびり、頑張りすぎず・・・
もっと気楽でいいんじゃない ♪


【著者あとがきより】

思い出をただ懐かしく愛おしいものというだけでなく
自分自身の検証として見つめた時、もしかすると人は
本当の自分と出会わなければならなくなるのかもしれません。
それは淡く甘い 「思い出」 ではなく
時にはゴツゴツギクシャクとした感触、あるいはシンシンとした
痛みを伴うものかもしれません。

時には今の自分を勇気づけてくれる人だったりするのではないか、
それが十歳のタエ子と出会った私の感想です。



この記事のURL | つぶやきのカケラ | ▲ top
新たな気持ちで
2008/10/17(Fri)
8305299.jpg


荷物屋@早朝仕分けレンジャーも、無事終了。

一人一人に挨拶をして廻り・・
中にはその日に 「初めて知ったよ」
なんてぇ方もチラホラリ。

「マジ?マジ?マジでぇ!?なんでよ!?
わかった。ヤなヤツがいるんだな?
誰だか言ってみろ!オレがガツンと言ったるから!」

ありがとねぇ・・・ (´∀`;).。oO

「さびしくなるよぉ・・雰囲気ガラリと変わっちまうよ」

休みなのに、贈り物を携えて
会いに来てくれた方もいて・・ひたすら感謝。

心にわだかまりが残っていた二人にも
まだ自分の中で消化(昇華?)出来ていない部分もあり
正直、かなり胸がチクンと痛んだけれども
とびきりの笑顔と感謝で、はい、さよなら。

一番苦しい時に、陰ながら支えてくれた彼の顔を見たら
涙が心までにじんできました。

「ほら、言っただろ!笑顔、笑顔・・おしっ!OK!」

すっと右手が差し出され
温かい握手を交わしてお別れをしました。

「∞しずく∞さんが来るとね・・
その場がふんわりと柔らかな雰囲気に包まれるんだ」

或るお方から、そんなお言葉を頂戴し-

飛ぶ鳥あとをにごさず。

ひとつの扉がパタンと閉まり
新たな扉が、静かに開きはじめました。

さて。その隙間から・・どんな景色が見えるかな?


この記事のURL | つぶやきのカケラ | ▲ top
解放
2008/10/13(Mon)
image173-1024x768.jpg


全てを水に流す

そんな言葉が目に入ってきました。

仕事仲間の心ない言葉が、どうしても頭から離れずそして許せず。
んな時にまた、いらんつうのにまたもや
ギャオスおばちゃんブリザードのご復活。

悶々としていた日々。

全てを水に流す

そうだね。
その言葉や態度にしがみついていたのは
他でもない、この自分。

たった二人の言葉と態度に、ずーっと心囚われていた私。

昔っからの気質なのか・・
碧空のほんのわずかな曇り一点を眺めては
澄み渡る天色アマイロの存在を忘れてしまう私。

その傍らで、陰で懸命に上司と掛け合ってくれながら
静寂の中でじっと見守り、支えてくれた彼がいた。

「ただされるがまんまで、何も出来ないよ・・心が弱い」
ポツンとつぶやく私に

「´弱い´と思っているかもしれないけど、それは優しさだとオレは思う。
そこが ∞しずく∞さんのいいところだ」
そう言ってくれた彼。

温かな心で包み込んでくれた彼女もいた。

たしかに、たしかに。
空一面に天色は心地よく存在していた。

明日で、 荷物屋@早朝仕分けレンジャーも終わり。

共に仕事をするのは最後だった先日、レンジャー仲間のおじいさん
「お餞別・・今までほんとにありがとう。どうぞ、おからだ大切にね」

声を詰まらせ、可愛い小物やら靴下やら・・
袋いっぱいに詰まった、たくさんの真心をくださった。

ニャニャ受付の女の子も、クッキー片手に
「ほんとに寂しくて、寂しくて-お元気で・・」

ドライバーさんたちも
「カラダが治ったら、また戻っておいで」 と
温かい手で両手を包んでくださった。

「言っとくけどな、最後は笑顔だぞ!
心が絞られても悲しくても、何があっても笑顔だぞ!」

先ほどの彼は、メールで喝を入れて来た

∠( `д´ ) 了解☆であります!

笑顔と感謝だけを、置いてゆくからね。

富士の湧き水が滾々と湧き出イデる
とある公園にある、私の木。 [←ふふ・・勝手にそう思っている]
(※ちょうど樹のおなかあたりにオヘソ様なでっぱりがあるため
´オヘソの木´ と命名させていただきやした)

「全ての人に理解されなくてもいい。 《たった一人》 が解ってくれているならば・・
しかし・・解ってくれている人が大半の中で、一体何を悩んでいるんだね?」

オヘソの木が、笑ったような気がしました。

たった一人ってもしかして-
自分のことかもしれませんね。


この記事のURL | つぶやきのカケラ | ▲ top
小舟のごとく
2008/10/11(Sat)
265971.jpg


諸処諸々に翻弄されているように感じる日々。

オラクルカードを引いてみました。

【Blessed Change】
現在、あなたは人生の波に
翻弄されているような気がしているかもしれません。
でも全ては必要だから起こっているのです。
これはあなたに必要がないものを捨てさせるための変化です。


ふむふむ、なるほど。
頷き納得。

でもね・・
玄界灘テイストな荒波すぎるぜ!

ようやく嵐が収まりつつあり、深呼吸一つ。

「小さな島が、ほら、あの彼方に」

海空優雅に羽ばたく鳥が、標してくれる方向に
ただ流されるまま、流れるまま-

一種の諦めにも似たこの感覚。

あがいても、もがいても、
傷口は開くばかりでダメだった。

もはや自力での操縦不可能。

肩、過多、肩の力を抜き、全てを委ねてみてみよう。


この記事のURL | 日々是実践 | ▲ top
Silent Girl
2008/10/10(Fri)
9225587.jpg


silent girl
疲れてる目で
何が伝えたいの この夜に
愛から切り放されても
一人じゃないと 思い出して

過ちは毎晩 獣ケダモノになって
良心を踏み荒らす
攻撃はようやく 朝方おさまり
眠りにおちるの

silent girl
全てのものに
始めがあれば 終わりもある
去って行った あの人のことを
自由にしても いいんじゃない

誇れない過去なら 誰もが一つは
胸に秘めているから
悲しみを受け入れ 責めるのをやめて
心を許して

silent girl
涙することも
ため息さえも 苦になって
ああ待って でも もう一度
愛されたいのなら
愛されたいのなら

心を開いて

silent girl

          **アンジェラ・アキ**


この記事のURL | 心の糧 --響-- | ▲ top
| メイン |