2008 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2008 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ホャホャラー
2008/11/27(Thu)




たびのとちゅうで なくしたものは・・・
たいせつなもの!? だいじなものさ!!
ぼくらは、さがして。 さがし さがして、
ひがくれた・・・。

あしたさがそう あしたならば
あしたこそは、きょうじゃないから。

きがついたら もとのまま。
めがさめたら もとどおり。

!ya ho ya ya ya
ゆめのじゅもんを となえましょおっと

!ウーユバリア!ウーユバリウ

Quick Quick!

なんどもとなえて !ウーユバリア!ウーユバリウ
くりかえし !ウーユバリア!ウーユバリウ
みつかるはずさ ぼくのだいじな
た・か・ら・も・の。

ラホヤ!
ラホヤ!
For Your Love! For Your Love!
ホャホャホャホャラー!
Lookin' For ・・・
Lookin' For ・・・
Lookin' For Your Love!



今日探し求めても、明日探すことにしても
タンスの中にも海の中にも、大切なものは見つからないど?

ふっと気づけば・・自分の中にあったのですね☆

安斎 肇が大好きです♪


 
スポンサーサイト
この記事のURL | 心の糧 --響-- | ▲ top
猫の恩返し
2008/11/26(Wed)
最近すっかり猫にまみれて猫ずくしぃ~(―❐-)ララ~♪ラララァ~ラァ♪の
我が家です。

そんな一員のちびこさんが、学校の図書館から
借りてきた本も、またまた猫モノ。


猫の恩返し (徳間アニメ絵本)猫の恩返し (徳間アニメ絵本)
(2002/08)
柊 あおい宮崎 駿

商品詳細を見る


高校生のハルが、猫を助けたことから始まる物語。

助けた猫が、猫の国の王子さまだったことから
猫の国へと歓迎されるハル。しかし・・
「そこへは行ってはいけない-猫の事務所に寄って行きなさい」
不思議な声が響き渡る。

猫の事務所にはバロン、またの名を
フンベルト・フォン・ジッキンゲン男爵が。

「あそこ(猫の国)は、自分の時間を生きられない者が行くところだ」

バロンも忍び込んで、猫の国での命の恩人に対する
手厚くもてなす歓迎パーティー。

遥か昔に助けてあげた猫もいる。

バロンとの舞踏中、うっとりとした気分に浸りながら
ふっと 「このまま猫になってもいいかも・・・」 と思うハルに

「だめだ、ハル。自分を見失うんじゃない!
きみは、きみの時間を生きるんだ」

厳しく叱責するバロン。

「こんなややこしいことになるんだったら猫なんか助けなきゃよかった」

後悔しながらも、そこから湧き起こった経験は
自分にとって、とても大切な過程であったことに気づき

「私、間違っていなかった。
ネコを助けたことも、迷って苦しんだことも・・
みんな大切な自分の時間だったんだ」

自分の過去を受け入れ、清々とするハル-

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

今の自分に相通ずるものを感じた、とても素敵な絵本でした。

せわしない現代に生きる私たち。

職場での役割、家庭での役割、友人間での役割。

さまざまな役割を演じて、まるで決められた時間割を
淡々とこなしてゆくように、その役割間で与えられた時間を
一生懸命に生きている。

与えられた役割を、本当の自分と錯覚していないだろうか。

この体を使ってその役割を存分に味わうことによって
人生の学びは深まってゆくわけなのだけれども
その枠を取っ払って、何もかもを剥ぎ取った後に残る
小さいけれども全てを包み込むほどの大きなもの、
繊細かつ強堅な存在-

世間との関わりがある限り、ゴタゴタはあるし感情は動かされるし
信念さえも揺らぐ時も多々ありますが
そんな時でも、いつでもピュアな自分に立ち返ることが出来るなら-

切にそう思います。


「きみがどうすればしっかりと自分の時間を生きられるか考えよう。
それさえ出来れば、何も恐れることはないのだからね」



バロン
◇◆◇バロン

ハナスピー男爵
◇◆◇ウチの ぐりベルト・フォン・ハナスピー男爵 Σ(- -ノ)ノ


あ・・似てにゃい・・? ( ̄▽ ̄;)


この記事のURL | 心の糧 --本・物語-- | ▲ top
((ヾ(∀´* )
2008/11/21(Fri)

◇◆うちの三姉妹

木枯らしひゅーひゅー吹きすさぶ、寒い寒~い冬のはじまり。

もしも心も凍てつきそうなら
笑って、笑って、心をほぐして- (✿ฺ´∀`✿ฺ)ノ

いやはや、なんとも。 (*'艸3`):;*。 ぷぷぅ


この記事のURL | 平々凡々的日常 | ▲ top
にゃんにゃん銀座通り
2008/11/20(Thu)
・・・と呼ばれている 我が家のお庭、敷地内。 (ノ∀`)σ
猫にゃんたちが、大手を振って歩きます。

ノラノラにゃにゃ猫衆、風邪っぴきはおりますが
みんな揃って元気です♪

gri01.jpg

↑↑ ぐりは、緑っぱなをズビビビビ。

へっくしょい [ちくしょーっ] 的な、舌べらをタランと出しながらの
くしゃみ8連発。
その鼻スピっぷりからダンナ命名 ⇒ ぐりの助ハナスピーさん。
まるで、ロシアあたりの高級貴族みたいだよ・・(´-ω-`)
そんな名前を付けられた日にゃあ、まったくもって不思議だね・・
なんだかハナスピーさんぽく見えてくる。

ハナスピーさま。
召されたお風邪が、早く良くなりますように。(^人^) .。o○

夜8時には、ぐりぐら荘(車庫の隅っこに建立されたフカフカのお布団付
ダンボール御殿)にて、イビキをかいてのご就寝。

あれ?猫って夜行性じゃあなかったの?

gra00.jpg

↑↑ ぐらは、とってもユニークなお顔で愛嬌たっぷり。

ドルジさんとも呼ばれてます。
いえね、渦中の横綱にそっくりつうことで・・(´∀`;)

ちょっと、ウチのお母さん。
普通に 「ドルジが」 と言うのはやめてください、お願いだから。( ̄▽ ̄;)

人懐っこくて、いつも誰かに しゅりしゅりしゅりとごあいさつ。

朝には必ず秘密の集会に顔を出すようで。
自由気ままにお出掛け三昧のドルジさん。 Σ(- -ノ)ノ

nana00.jpg

↑↑ 最近ずっとピー助の傍らにいる七海ちゃん。

人が近づくと大蛇のごとく 「シャーーーッ」 と
牙をむいて威嚇します。実際は何もしないんだけど・・

七海ちゃんの周りは、ピー助を思う温かさと共に
子を守る母の強さ、ピンと張りつめた空気を感じます。
大蛇の拳 「シャーッ」 の回数も減って来て
しっぽの先もピピンと立てなくなったので、少しは気を許してくれたのかな。

もしかしたら、とても怖い目に合って
人間を信用出来なくなっているのかもしれません。

大丈夫だよ、七海ちゃん。
ここにはたくさんの温もりが溢れているからね。

pyi00.jpg

↑↑ 若手のホープ、好奇心旺盛@ピー助くんです。
(もしかして女の子かも-どうしようかね、この名前・・ ( ̄‐ ̄; )

ピュンピュンと目にもとまらぬ速さで、あちらこちらに動き回り
初めて見るもの聞くものに興味津々。
まずは自分の手を伸ばして、おそるおそる触って確かめます。

とにかく元気で大きくなあれ♪

◇◆◇

この我が家の四天王(∵)?、個性豊かで
見てるととってもおもしろくって。
顔も違えば性格も皆、それぞれなのですねぇ。 [知らなかった]

最近特に感じるのですが
この天使ちゃんたち、私たち家族の絆をも
強く強く結びつけてくれているような・・
そんな気がしてならないのです。

やっぱり神さまからの贈り物~ありがとう、ありがとう♪


この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
新しい航海
2008/11/19(Wed)



電気的なヴァレンタイン 君に君に
薔薇色のブルー 偽りの真実 並べて
ステンドグラスの海に浮かべる 今までの夢は幻
悲しげに生きるより 眠りたい眠りたい

欲望のボルケイノ 君に君に
天使の唄 堕落の唄 溢れて
サファイヤの夜空に瞬く 今までの夢は幻
悲しげに生きるより 眠りたい眠りたい

初めて恋したときのような 新しい世界 何もかも輝いてる
瓦礫の中で 荒れ地の中で 君が見えてくる 君が見えてくる

サファイヤの夜空に瞬く 今までの夢は幻
悲しげに生きるより 眠りたい眠りたい

どんな時もどんな夜も君と 少しずつ感じている 感じている

瓦礫の中に 荒れ地の中に 君が見えてくる

                         **佐野元春**


薔薇色のブルー、偽りの真実。
瓦礫の中から現れる天使。

彼の詩は、とても美しいと感じます。


この記事のURL | 心の糧 --響-- | ▲ top
家屋改造大作戦
2008/11/18(Tue)

髪舎へ行って、髪をバッツリと切って来ました。
(これからさぶい冬なのに) ベリベリショートな、この私。

幾度か伸ばして、今どきの髪型にしてみたりもしたのだけれど
やっぱり私は短髪の方が、しっくりとして落ち着くなぁ・・・

髪を切ったら、メイクも変えたくなっちゃって
うっすりとピンク系なぞ塗ってみたりして。 (*´∀`*)

そしたらわんわかと、なんだかエネルギーがみなぎって来た感じで
めんどくさくてなかなか手をつけなかった、ちびこさんのガラクタ部屋 of 宝島を
ガガガと一気に片付けてしまいました。

引越しのときに、全部屋の壁紙を変えるつもりでいたのにぃ・・だのにぃ
やっぱりめんどくさくなって、そのままになっていた我が家屋。

ほとんどの部屋の壁紙が無機質な 『白』 ゆえ
ちびこが 「何度も入院した冷たい病室を思い出して仕方ない」 と言うのです。

mixi 時代からのお付き合い、私のカラーの師でもあるけいこさんちに
おじゃました際に、見せていただいたリフォームの本。

ごくごく普通の団地をお金をかけずに手間ひまかけて大改造。
したらばそこは、全くの別世界@カントリーな空間に・・という素敵な本。

そんな経緯もあり、我が家屋も大改造☆勢いに乗ってやってまえーーーっ!!!

トランスパレントスター02

トランスパレントスターなるものにも挑戦してみよう。

柔らかな色と光に溢れた、あたたかな我が家を目指して-
自分らしく、そこに住まう人らしく・・・素敵に彩ってゆきたいと思います♪

なんだかとっても楽しそう☆ 。+.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.+。


この記事のURL | 平々凡々的日常 | ▲ top
中国武術
2008/11/17(Mon)
カンフーパンダ
                   映画 『カンフーパンダ』

中国武術の表演会に行ってきました。

なぜ、中国武術か?
ちびこが習っているのです。

(↓↓ 以下、Wikipediaより)
中国では武術の目的は「看」、「健身」、「実用」、すなわち見て美しい
演武を行うこと、体を鍛えて健康になること、そして相手を殺傷できる
力をつけることの3つであると考えられている。
「看」の側面を強調したものは表演武術である。「健身」の側面を
強調したものは太極拳である。太極拳の愛好者は世界中に大勢いるが
多くの人が武術としてよりも健康法として行っている。
「実用」の側面は現代では表だって行われることは無いが、伝統拳を
伝える老師の多くは実用性を重視した練習方法を伝えている。


無理せず護身、健身、鎮心に役立つ何かを・・と勘案していたところ
自然な流れに乗って中国武術にたどり着きました。
しかも私の同級生が先生だったというおまけつきで。 [驚]
ちびこ自身もとても楽しいらしく、イキイキと練習しています。

習っている教室関連の表演会。
太極拳、気功、武術の3部門に分かれての表演です。

武術部門のほとんどは若人にて
刀剣ひらひら、槍持って 「ヤァーーーッ!」

蛇拳、酔拳が、スペースいっぱい、あっちにこっちに舞い踊る。
躍動感溢れ、きびきびした華麗な演舞に目を奪われます。

太極拳と気功は50代より上の方が圧倒的に多く
中国の悠久の時の流れを感じさせるよな、ゆったりとした動きで
優雅で心落ち着く表演でした。

御年96歳のおじいさんの表演!

歳を経てなお、静かに、時には力強く舞い踊るその姿の美しいこと!

身体年齢 ≠ 内年齢

ガワは皺を深く刻んで、いくら歳をとったとて
内には変わらず燦々と輝き続ける珠がある。

ああ、これこそが本当の姿なんだな・・と
深く感銘を受けました。

ありのままの美しさ。

生きるっつうことも-

なんとか問題を回避しようと、絡まってしまった糸を
懸命にほどこうと努力する私たち。

でも、時には・・絡まったままでも、それはそれでよいのではないかと。
それがその時のありのままの姿なのだから。

或る時ふっと、ハサミで切ることを思いつくかもしれないし。

成るように成っていく!

そういう境地にいることが、人生を信頼する、そして自分を信じるということに
繋がってゆくのではないのかな・・

おじいさんの表演や、皆の演舞を観て
そんなことをつらつらと考えていました。

ふふ。
来年はちびこも、舞台の上ではっちゃけるぞーーーっ☆
ヤァーッ、トォーーーッ!ヾ (`-´\ ) (ノ`-´)ノ
(今年は新入りにて間に合わず・・・[トホ])

【 先生の模範演舞時のアナウンスより】
大海原の波のごとく緩やかに流れるように、時には高い岩山のようにどっしりと動かず。
山を駆け下りる猿のように軽やかに、鳥のようにしなやかに、鷹のように力強く-
武術では 『動と静』 の動きを大切にし、その意味を鑑みながら演ずるのです・・


私も、その時々で変貌自在、しなやかに人生のこの役を演じてゆきたいなぁ。


この記事のURL | つぶやきのカケラ | ▲ top
はじめてのお出掛け
2008/11/16(Sun)
pyi01.jpg

ピー助、こんなに元気です♪
お。ちびこさん、チロリと登場の巻 ⌒゚(´ー`)゚⌒

昨日のピー助さん、はじめてのお使いならぬ 『はじめてのお出掛け』

なんでも、住まいの温室から出たり入ったりしている七海マミーにならって
外に出てみたらしいのです。

大丈夫かなぁ・・・

「ぐり、ぐら!ピーがいなくなっちゃったんだよ・・見かけたら教えてね」

きょとんとするぐりとぐらにも しかと捜査網を張り、待つ、待つ、待つ。
ひたすら待って、じっと待つ。

夕方、家人の心配なぞどこ吹く風~きちんとおうちに戻って来ました。 (´∀`)

「ピーっ!心配したよ!よかったよ・・無事に戻って来てくれて・・
どこに行っていたの?お外の世界はどうだった?」

家の者皆、熱烈☆抱擁の嵐~

これにて一件落着なり。[カンカカンカン←効果音 of 拍子の木] (^ー^)ノ☆*.。

nanapyi01.jpg
◇◆ほっとする表情を浮かべる ななピー親子 Σ(- -ノ)ノ

その日、母から 「フリーマーケットに行こう!」 と誘われたのですが
あいにく用事があったため断ると、さもつまらなそうに (´-ω-`)ふぅん・・・

帰って来た母は、戦利品を並べ立て 「どうだーーーっ!」

モノの良さと値段のギャップをうるさいほどに説明し
かんなり得意げでありました。

ちびこのお出掛け用ポシェット、私のモヘヤのふかふかセーター・・・

ん?黄緑ド派手なホワホワ素材のジャケットを手にまだ持っとるど?
こげなティーンエイジな召し物、一体誰タレが着るのかね・・なんて思うていると

「これ?猫ちゃんたちのお布団にしてあげようと思って♪」 だそうな。

「住みついたら困るわねぇ。早く外の世界に戻ってもらわないと」

困った顔して素っ気なく言うわりにゃあ、おうちを作ってみたり
おやつを買っちゃあ嬉しそうにあげてみたりと
いっとー可愛がっているのは一体誰だ? ・・・( ̄  ̄)
[その父、同様にて]

神さまから預かった、大切な天使ちゃんたち。

たくさんの愛を注いで、そしてこちらも戴いて-

湧き出る思いは、ただただ 「ありがとう」 しかないのです♪

【おまけ】

grigra03.jpg

grigra00.jpg

「・・にゃにか?」


この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
歌の裏
2008/11/15(Sat)
しょうわレトロ


何気なく見ていたBS 『あの人に会いたい』 に
故 古賀政男さんが出演されていました。

対談形式にて、鈴木健二氏、おまけに近江敏郎氏までもぉ~っ!
往年のゴールデンキャスト。 。・゚・(ノ∀`)・゚・。

いやはや、懐かしい。 [若年寄より愛を込めまして]

一度は耳にしたことのある古賀メロディー。
哀愁漂う切ない情歌、というイメージが頭をよぎります。

不朽の名作の誕生秘話など
当時のご時世エッセンスを織り交ぜながらの
お話が盛りだくさん。

中でも 『影を慕いて』 のお話がとても印象的でした。

ご自身の体験から生まれた曲なのだそうです。

精神的に病んでいた女性が医者から
「治療のためだ。自分の好きなことをやりなさい」
そう言われて、まだ若かりし古賀さんのところへ音楽を習いに来たとのこと。
日が経つごとに、その女性に魅かれゆく古賀さん。

或る日、その女性の訃報を耳にし茫然自失となるも
ほどなくして、夢の中にその女性が現れたのだそうです。

「夢で逢いに来てくれたんですね・・なんだかオカルトめいた
話になっちゃったけど」

そう言って微笑まれていた古賀さん。

平面的な詩に曲を乗せる際に、大切になさっていたことは
『歌の裏を汲み取る』 ことだったそうです。

歌の裏とは-
詩の裏に隠された真意のこと。

「この詩に曲を付けて欲しい」 と依頼されると必ず
それはどんな背景で、この言葉として発せられたのか・・ということを
徹底的にお聞きになったということです。

ああ、確かに・・
生み出された数々の名曲には、そういった魂が込められていたからこそ
今も変わらず人々の心を打つものがあるのだなぁ・・と
改めて感服いたしました。

言葉の裏。

今、世の中にはたくさんの言葉が溢れ返っています。

その言葉を自分の中で咀嚼せずに額面どおりに受け入れてしまうのは
いかがなものかと危惧します。

ささぁーっと斜め読みしただけでは
書き手が1と書いたものを、人によっては100、いや1000と受け取る人も
中には、いるかもしれませぬ。

その言葉に込められた一本の軸となるものを
心静かに汲み取ってゆく姿勢を保ってゆきたいなぁ・・
そんな風に思いました。

モボ、モガ・・東京ラプソディー♪
あ。スジャータの人だ。Σ(- -ノ)ノ


この記事のURL | 心の糧 --古イニシエ-- | ▲ top
動と静
2008/11/13(Thu)
image239-1024x768.jpg


最近めっきり寒くなって、連日お天気も雨曇り・・
コタツとファンヒーターなんか出しちゃった日にゃあ、もうね・・
動くのもおっくうで、ハナ肇の銅像の如く(←懐かしや。・゚・(ノ∀`)・゚・。)
ひたすら静かに過ごす日々-

まったくコタツに根付いちゃいそうだね ( ̄  ̄)・・
なんて思うていたところ、友人からお誘いが。

なんたらレディとやらの無料試食会。

「無料?もちろん行くさ」
即答 Σ(- -ノ)ノ、早速行ってまいりました。

こ洒落たおうちで、10人ほど集まり
ちょっとしたホームパーリーみたいな感じ。

「ねぇ・・もしかして・・∞しずく∞?」

もう十ウン年前に勤めていた住宅メーカーの先輩と
ばったり遭遇したりして・・

話が弾んで、とっても楽しいひとときでした。

その中の一人は、おうちで昼下がりにパン作り教室を開き
また他の一人は、ピアノ&プリザーブドフラワーを教えている。
ケーキ作りがお好きな人もいたりして。

なんだかとっても楽しそうで輝いているなぁ。 (^―^)♪

北風に負けないように・・
さてと。私も動き出そうかな。

まずはカラーのお勉強から~ ⌒゚(´ー`)゚⌒

お・・・
久しぶりに晴れ澄み渡った秋の夜空-

今晩は満月ですね♪


この記事のURL | つぶやきのカケラ | ▲ top
ピー助☆参上
2008/11/05(Wed)
我が家にチビ天使が舞い降りました。

名前はピー助。(←またまた ちびこさん命名の巻)

母が庭で草むしりをしていると
ミャーミャーと、耳慣れない か細い啼き声が
どこからか聞こえてくるど?

見ると、ぽかぽかの石の上に
仔猫にゃんがまんまるくなって座っていたとのこと。

画像 615

目が開かないほどにクシュクシュのバイバイキンだらけで
啼いているのが精一杯。

「親猫が置いていったのかね・・(´-ω-`)」

またもや我が家に仲間が増えました。

母屋には犬ころが、こちらにはがいるので
家の中では飼えないね・・でもまだ、ぐりとぐらのようには
外を自由に飛び回ることは出来ないね・・どうしよか・・
というワケで、隣接する温室に おわしまするピー助くん。

かいがいしく目薬をさし、ピー助を介抱する母。
その甲斐あってか、つぶらな瞳がぽっちりと開き
新しい世界をキョロキョロと見渡しています。

母によると 「夜にどうやら親猫が来てるらしいのよ」
んならば温室の扉を少し開けて、親猫も出入り自由にしてあげよう・・つうことで
その晩は 「どうぞご自由に」 とウェルカム扉にしたところ-

翌朝、ママ猫がピー助の隣で寝ていたそうな。

あれれ???どっかで見たことあるど?

な、、、七海ちゃん!?

nanami.jpg

そう。
ピー助は、七海ちゃんのお子ちゃまだったようなのです。 (´∀`)

昼間は時折様子を見に来て安否確認、
夜は必ずピー助の隣で寝ている七海ちゃん。

どの世界でも、母の愛は強しなんだなぁ・・と
なんだか温かい気持ちに包まれました。

ん?猫にゃなのに、ピー助くん? Σ(- -ノ)ノ


↓↓↓ こちらも益々元気です。

画像 614

むにむにむに~♪

画像 616

小春日和☆ぽっかぽかなのにゃ~♪


この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
ANGEL VOICES
2008/11/01(Sat)



澄み渡る天使の歌声・・
目を閉じて 心静かに感じてみる-


今日から霜月。
豊穣の秋のごとく、実り深き月でありますように~ ⌒゚(´ー`)゚⌒


この記事のURL | 心の糧 --響-- | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。