2009 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2009 04
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
季節のねこ便り-春爛漫の巻-
2009/03/29(Sun)
sakura.jpg

桜ほころぶ時は春-

我が家のねこにゃ'ズ☆ドタバタ喜劇。

画像 680

↑↑ こんなに仲良き時もあるのにぃ、にぃ、にぃ・・・
ピンキーはサスケの前を通りすがりに必ず一発☆見舞ってゆく

pinky04.jpg

↑↑ 男らしく、なんとも凛々しきピンキーさん
[月組☆男役トップスターですから] Σ(- -ノ)ノ

sasuke02.jpg

↑↑ その度に、へたれんぼのサスケぼん
「どうせ、どうせぇ・・ぼくちんなんか」

piandsasu01.jpg

↑↑ アタイ@天下の巻
「ぼくちんは、おまけかいな」

画像 682

↑↑ 強くたくましい娘見て、母は一体なに思ふ・・
(ぐりぐらにパンチを喰らわす母曰く 「さすが私の子ね」 かもかも ^^;)

gri00.jpg

↑↑ ワイは時折、舌べら しまい忘れてまいますねん
by ぐりの坊

gra04.jpg

↑↑ オイラは今晩、白鵬に勝つだけさ・・ふっ・・


賑やかし、嗚呼 にぎやかし、賑やかし。

スポンサーサイト
この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
種まきの季節
2009/03/26(Thu)
3128080.jpg

仕事に復帰して、もうじき1ヶ月が経とうとしています。

我がおやびん(←女事業所主)は
とても 『和』 を大切になさっているお方。
自然と同じようなスタッフや利用者さんが
その周りを囲んでいるような気がします。

そのため、自分も人間関係などの煩わしいことに
まったく心惑わされずに、満㌫で仕事に臨むことが出来ます。

ありがたや、ありがたや。

この世界の階段を一歩一歩踏みしめて上ってゆきたい、
そんな思いが再燃したこと、
この職場にて、さらにお役に立ちたいと思ったこと。
さらには、ちびこが1年生でお勉強を一生懸命 頑張ったこと、
そして日々、ダンナがいろんな思いを抱えながらも
仕事を頑張ってくれていることと。
いろんな思いが心の中で渦巻いて・・

今年はケアマネ試験に再挑戦することにいたしました。

今まで何度か落下しておるので、今年こそはっ!
岩のような硬い硬い強い意志を込めまして-

今年は 『種まき』 の時期になりそうです。

カラー、英会話、そしてケアマネ。

芽が出てふくらんで・・どんなお花が咲くのかな♪

この記事のURL | つぶやきのカケラ | ▲ top
季節のねこ便り-男衆☆華の乱-
2009/03/24(Tue)
sasuke.jpg

◇我輩はサスケでR



gra.jpg

◇伊豆の国支部@ファン太郎、故郷モンゴルに思いを馳す



gri06.jpg

◇「なんでこーなるのっっ」



今日もねこにゃ'ズ、元気です♪

この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
インターナショナル☆湯らっくす
2009/03/23(Mon)
昨日、キャナダ姐のお兄さんご一行さまが
バンクーバーから駿河の国へ訪ねてきてくれました。

お兄さん、彼女、そして彼女のお友だち。

ちびこと私、おばあちゃんも合流し、楽しき日本の思い出を・・と
近隣の温泉施設へ、れっつ・ら・ごーごー!

塩風呂、紅茶風呂、よもぎ風呂、岩盤浴、砂風呂 and so on。

たくさんのお風呂や娯楽が溢れており
日がな一日湯らっくすぅのリラックマ。

「Interesting!」 と、口を揃えて喜んでくれました。

お兄さんは過去数年、日本にいたことがあるらしく
日本語は おおよそOK。
しかし他2名は、挨拶程度でトンチンカンチン。
(お兄さんや、数年で話せるとはね・・ワタイなんて10数年学んでいたのに
話せないんだよ・・○□×△・・トホホのホの巻)

私もカタコト英語で苦戦しました。
言ってることは判るのに、返す言葉が出てこない。

英語を話すことが出来れば世界が広がるのになぁ・・とは思いつつ
キャナダ姐が流暢な日本語を話してくださるので
ついついそれに甘んじて&気恥ずかしさも併さってか
普段は日本語のみで会話を済ます。

もったえないなぁ・・

しかしながら、頭と身振り手振りフル回転にて全身全霊総動員!
お兄さん彼女のお友だち'ズお母さんは気をかざして
人を癒す仕事をしていること。
当のお友だちは私と同じ仕事に就いているということ。
おじいさんは中国人、フィリピンの血も混ざっているということ。
猫を飼っており、名はチョコ→ハローキティブランドより命名したこと。
(キティちゃんのお仲間にチョコちゃんなるものがいることを
全く知らなかったワタクシであります)
バンクーバーでは、隣の人は露西亜人、そのまた隣は印度人・・と
いろんなお国の人がたくさんいるのだということ。

お話の中で自分と繋がることもチラリと見つかったりで
会話を楽しむことが出来ました。

日本国、単一民族のこの私。
もっと世界を広げたいなぁ・・と、やっぱりふっとそう思ひ。

地場魚の新鮮なお寿司をたらふく食べて、揃ってみんな ご満悦☆

「夢-夢だからと飾っておくものではない。必ず叶う」
「輝-何かに賭けて挑戦している姿は美しい」
「喜-喜びを力に」

別れ際に、一枚に一言づつ添えられているポストカードを
各々にプレゼントしました。
幸せがたくさん降り注ぎますように、と 招き猫もご一緒に。ニャ

桜ほころぶ春の一日-
心躍る楽しきひとときを過ごしました♪

さてと。
今年は英会話のお勉強も始めるとするかな☆

この記事のURL | 平々凡々的日常 | ▲ top
無事修了
2009/03/20(Fri)
1509169.jpg

ちびこ、ピカピカの1年生無事修了-

1から、たくさんのお友だちを作ったことや
はじめてのお勉強に始まり、お友だちとの関係の中で
彼女なりに学んで乗り越え、そして
身に付けたことが多々あったようです。

そして親の私も、実にさまざまなことを
一緒に学ばせてもらいました。

ランドセルに背負われながら(?)一生懸命、頑張ったちびこに・・
1年間、本当にお疲れさまでした☆

大好きだった担任の先生とお別れするのは寂しいけれど
終わりは始まり。(^ー^)ノ☆*.。

そして、学びを修められた全ての方々に・・心から
おめでとうございます♪^^♪

P.S. ちびこへ-
母親として、この私を選んでくれて ありがとうね。

この記事のURL | つぶやきのカケラ | ▲ top
シンプルな生活
2009/03/12(Thu)
hane.jpg

早くも弥生月、もう半ば-

新しい仕事も始まり、心機一転☆

大変な境遇に身をおきたがるクセのあった私。
人一倍プライドの高かった私は、大変な仕事をこなして
「どうよっ!」 と自他に認めてもらいたかったのでしょう。

そして過去の自分の境遇を嘆いては
《全ての今》 はそれに起因しているのだと
頑なに心を閉ざしていた私。

しかし、この精神的にも肉体的にも大変だった経験は
決して無駄ではなく、確実に肥やしとなっていたようです。

今までの仕事と比べると
同じ介護といっても極々小規模、スタッフも数人の
のんびりぽちぽちごゆるりペース。
笑顔の絶えない素敵な職場に恵まれました。

スタッフ同士がお互いを尊重し合っています。
適度な距離を保ちながら。
対利用者にも同様・・本当に温かな気持ちが伝わってきます。

家庭内も円満そのもの。
あれだけ米ソ的冷戦状態であった実母とも
猫にゃ'ズを介してか ^^;、視界は大変良好なのであります。

あ。ダンナがいたな・・
時々、お弁当を作ら~ズな私の事をピンキーとサスケに
「メシ抜きだってよ・・」 なんてグチっているのが聞こえます。( ー_ー)ノ

些細な何がしかは、ちょろちょろもちろんありますが
それはほんとに小さな出来事で
気に留めるほどのことでもありません。

ありがたいことに今、そんな恵まれた境遇にいる私。

人さまに煩わされず、自分のことだけに専心できる
この恵まれた環境。

そして最近よく、その意味を鑑みてみるのです。

自分を愛するということ。

そこから全ては派生してゆくのだということ。

あからさまに 「誰それのために」 とか 「奉仕の精神を」
なんて言うのは私は好きではないのです。

その前に、自分。

自分に優しくなれば、自然とそれは他にも伝わってゆくのだと思うから。

これからも、大波小波は絶え間なく さざめいて来ることでしょう。
でも。透明な自分がここにいると思えば、なんだかそれらも
乗り越えてゆけるような気がするのです。

とにもかくにも、全ての存在に心からありがとう♪

この記事のURL | 日々是実践 | ▲ top
ひなまつり
2009/03/03(Tue)
hinamatsuri.jpg

今朝、お隣のぼくちんが持ってきてくれました。

今日はひなまつり-
ちびこのために作ってくれたのだそうです。

「ぼくちん、ありがとね♪」
「うん☆」

お互い照れながらに、そんなやりとりがあった後
二人揃って仲良く学校へと向かいました。

おもちゃをあまり持たないぼくちんは
想像力・・創造力豊かで、なんでも手作り。

1年生になった時に、はじめてちびこが休んだ時も

hana.jpg

お花を持って訪ねてきてくれました。

いつも本当にありがとうね♪

この記事のURL | キラリ☆人物伝 | ▲ top
サスケ☆参上
2009/03/03(Tue)
我が家に新しいお仲間が増えました。

動物病院からの里子ちゃん。
その名も 『サスケ』 。

病院では 『若さま』 と呼ばれておりました。^^;
「名前は、いいのを考えてあげてくださいね」 と。

waka01.jpg
◇はじめまして。
ぼくちんがニューフェイスにおじゃります。


ビックラしたよなまんまるお目目、なんとも滑稽なお顔。
[お鼻がピンクなので、まるで酔っ払いのおじさんテイスト-失礼]
人が近づくだけで喉をゴロゴロ、抱っこされれば
そのままウトウト眠ってしまうほどの人懐っこさ。

捨て猫ちゃんだったようです。齢のほどは4ヶ月位だろう、と。
つうことは、ピンキーは1ヶ月だけおねえさん。

かなり恰幅がよろしく、ピンキーとのじゃれ合いの得意技は
たぷんたぷんのお腹を活かした《押し出し》であります。
キャットタワーからズドドド落ちるサスケは
俊敏ピンキーにかなうはずもなく、ただひたすらに力技。

はじめはピンキーが七海ちゃんゆずりのウー、シャーッ!で攻撃しまくり
されるがままに黙って耐えていたこのぼくちんでありますが
さすがに堪忍袋の緒が切れて《押し出し》の反撃に出まくりまくり。

そんなこんなで2週間。
ようやく折り合いがついた・・のかな。 ( ̄- ̄=)…

もちろん今でもケンカはいたしますが、お互いの頭をペロペロしたり
あったか蜜柑ハウスで共に寝てみたり。

画像 671
↑↑ 暗闇で寄り添う二人

画像 673
↑↑ くてんくてんのダランダラン

夜中に起きる家人の後を、ピクミンみたいにテケテケ二人で
ついてまわったり。

仲はよろしいようなのです。

今まで一人で気ままに過ごしていたピンキーさん。
必死に 「あたちの家族なのよっ」 と
アピールしているように見えなくもないですが。

クールな性格ゆえ、決して表には出さない・・
見えなかった彼女の性格が浮き彫りに。

人の性格が人の中で顕れてくるように、猫の性格もまた然り。

なにはともあれ、この愛おしい命たちと共に暮らすことの出来る幸せを
心の底からかみしめております。

飼っていた2匹の魚は、一匹は新月の夜に
そしてもう一匹は後を追うように数日後に・・
命の灯火を静かに消してゆきました。

新しい命は力強く芽吹き
尊い命の循環は果てしなく- (^ー^)ノ☆*.。

この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
光の船
2009/03/02(Mon)
先月あたりから、夕刻に不思議な光を
よく見るようになりました。

日が沈んだ直後の西の山際に2つ
ぽわーんと浮き出たり消えたりする光。
時には3つに増えたりして。

ちょうど、遊んでいるちびことぼくちんがさよならする時間。

ぼくちんの担任の先生@理科担当に聞いたところ

「人工衛星でもなさそう、金星や他の星でもなさそう。
一体なんだろね・・(。-`ω´-)ウーム 」

こないだは私一人で、紺碧と朱の狭間の時間に。

赤、緑、そしてモカシン色っぽい柔らかな光を
ほーわんほーわんと放ちながら、富士山目指して
4つの光が飛んでゆく。

はじめに2つが、ほどなくして残りの2つも
富士の闇の中に消えてゆきました。

自衛隊さんの軍用機かな?とも思いつつ・・

なんだろな。 (゚∀゚)

夕飯時、家人に この4つの光の話をしたところ

「あぁ、それ?オレだ、オレ。
うっかり発光ボタン消すの忘れてたよ。見えちゃった? ((ヾ(∀´* ) 」

と、ダンナ。

4つもいたんだよ? ( ̄∀ ̄;)

「あぁ、ボブだ、ボブ。あとメアリーとジョーイかな」

2つが先に消えたんだよ?

「ボブがイモの煮っ転がし作りっぱなしで来たもんで
火が心配で先に帰るって言ってた。
メアリーは大根の煮物の途中って言ってたね」

腹を抱えて笑い転げるちびこさん。

アホか。 ヘ(_ _ヘ)☆

なんだかワクワクしてくるなぁ♪

この記事のURL | 不思議わんだぁらんど (・・? | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。