2009 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2009 09
お年寄りと選挙
2009/08/31(Mon)
image309-4-1024x768.jpg

昨日、選挙へ投票に行ってまいりました。

以前、駿河のお国の知事選の時、我がデイサービスの利用者さんに
「選挙、行きますか?」 と尋ねたことがあります。

皆さん、口を揃えたように 「行かない・・というか、行けない」

投票所は、各地域の小さな公民館であったり会館であったりするのですが
そこの数段の階段すらも上るのが大変・・

車をお持ちの、ご家族と一緒に暮らしている方ならともかく
手足の自由もままならない一人暮らしのお年寄りは
投票所に向かうのも是大変。

歩行器を使ってえっちらおっちら歩いている姿なんぞ
他人さまには見られたくない・・

そんなご意見が大多数でした。

「あんたらには なんてことない段差でも、私らにはとてもキツイ。
ころけてしまったら(転んでしまったら)、一巻の終わりだもの」

着替えに、毎回1時間はかかるというお方が
そう仰っていました。

以前勤めていた大型施設などは、不在者投票ということで
市の職員が投票用紙を持って来、施設にての投票が可能だったのですが
在宅ではそのようなシステムはないらしく・・
(但しそれも、都道府県選挙管理委員会が指定した施設に限られるのだそう)

行きたくても、行けない。

郵送する手段もあるそうですが、そのことを知っている方は
いったいどれ位いらっしゃるのでしょうか。

国が、政治が、政党が、などと大きな声を張り上げる前に
まずは自分が出来ることからひとつづづ-

役所に行って、その現状を伝えるとか
郵送の手段の周知の方法を 「もっとわかりやすく」 と
お願いしてみるとか・・

そんなことから・・
私たちが何気なく行っている日常の生活の中でも
それが出来ずに困っている方はたくさんいらっしゃる。

ほんの小さなことにこそ、それに心を注いで
本当の意味での、縁の下の力持ちになりたいと思いました。


この記事のURL | 日々是実践 | ▲ top
食べる
2009/08/30(Sun)
aki.jpg

何気なく回していたチャンネル。

´となりの子育て´という番組に
料理研究家のコウ・ケンテツさんが出演されていました。

お母さまも、言わずと知れた料理研究家なのだそうです。

そのお母さま-
ケンテツさんが子どもの頃に作ったお弁当には
秋には栗ご飯、そして冬には苺ひとつを彩りに加えてみたりと
季節を感じて欲しいとの思いと一緒に、自分からのメッセージを託したのだそう。
(当のケンテツさん。お友だちのお弁当に入っている出来合いのミートボールが
食べたくって、こっそり交換して食べたのだとか・・ ^^ )

成長したケンテツさんは、プロのテニスプレーヤーになりたくって
テニス三昧の日々を送っていたそうです。

しかし椎間板ヘルニアを患い、その夢はあっけなく断たれてしまった・・

何年もの間、怒りと悲しみの渦中にいるケンテツさんを
陰からそっと見守り続けたお母さま。

「病を患っているのに、体だけが大きく育ってはいけない」 と
ナツメやクコの実を入れたスープなど、全体のバランスを整えるため
薬膳を取り入れたお料理を作り続けたのだそうです。

体が回復した後のケンテツさん。

とにかくテニスを忘れるために、ガテン系をはじめ
さまざまなお仕事に就いたのだそうです。

全ては結果じゃない。その経過が一番大事。
この苦労は、自分を見つめ直すための大事なプロセス。
長く悩んで苦しんで・・そこを抜けた時には必ず幸せが待っているから-

お母さまはそう思いながら、暗闇の中で苦しみと闘っている我が子を
傍らで黙って見つめ続けたのだそうです。

自分も韓国から日本へ来て、たくさんの苦労や悲しみがあった中
ケンテツさんのお友だちのお母さんをはじめ
さまざまな方の支えがあったからこそ、今の自分がここにいる。
今の自分は、その経過を辿ってきた証・・

そんな風に仰っていました。

お母さまのお料理教室へと、足を運んだケンテツさん。

食べることは生きること。生きることは食べること。
食べることを大切にする人は、自分のことを大切にする人。


生徒さんが、お母さまのお話を聞いて涙する姿を目の当たりにして
強い衝撃を受けたのだそうです。

「料理を通して、こんなメッセージが送れるんだ!」

お母さまの今までの全てのメッセージを受けとめて
今のケンテツさんがいらっしゃるのだそうです。

料理ひとつに、これほどまでに深いメッセージが込められているなんて・・

「あぁあ・・今日は何作ろうかな。 ( ̄- ̄=)・・」

日々何気なく作っている食事@家族の健康管理担当な私への
優しいメッセージとも受け取れました。

お母さんの料理って・・体を育てるだけじゃなくって、心をも育てる-

母の愛は 偉大なるかな♪ ゜+.(・∀・).+゜


この記事のURL | キラリ☆人物伝 | ▲ top
眠・眠・眠・・
2009/08/27(Thu)
pinky21.jpg

◇あたちとっても眠いのよぅ∮くーすかくぅくぅ・・
あ。ピンキーさんや。桃色ちたべらがペロッとね・・ ⌒゚(´ー`)゚⌒


sasuke18.jpg

◇Mr.サスケ、お眠り道具の必需品
プリキュア@スプラッシュスタアな この枕 ((ヾ(∀´* )


風はもう秋-
食べて遊んでよく眠る、ねこ族たちにおじゃります。 ヽ(´c_,`◎)ノ



この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
ねこ劇場@内ノラ劇団☆夢の公演-桃ずきんちゃん篇-
2009/08/26(Wed)
pinky16.jpg

↑↑ 昔々、あるところに pinkyずきんちゃんという
かわゆいかわゆい女の子が、今にも傾きそうなお家で暮らしていました。
村の人は皆 「桃ずきんちゃん」 、そう呼んでいました。

sasuke16.jpg

↑↑ そこへ魔法使いのおじいさんがやって来ました。 おじいさん!? Σ(- -ノ)ノ
「美味しいリンゴはいらんかぇえぇえぇぇ~」

pinky17.jpg

↑↑ あっ、桃ずきんちゃん、ダメだよ!
それは魔法のかかった毒リンゴだべさっ!!!
バタッ・・・くぅう~・・・

pinky18.jpg

↑↑ うぅう~、苦しい・・誰かタチケテ・・・
桃ずきんちゃんは、見事にヘタれてしまいました。

pinky19.jpg

↑↑ そこへ偶然に通りかかった優しい村人。
桃ずきんちゃんの大好きなお魚スティックで魔法を解き
桃ずきんちゃんは険しい顔をしながらも、無事に復活☆

sasuandpyi00.jpg

↑↑ 魔法使いのおじいさんとも仲直りし
いつまでも仲良く暮らしましたとさ♪


【脚本】
◇お空の上のぐりの助

【キャスト】
◇桃ずきんちゃん ・・・ ピンキー
◇魔法使いのおじいさん ・・・ サスケ
◇通りすがりの優しい村人 ・・・ ちびこ


なんじゃこりゃ。
´赤ずきんちゃん´ と ´白雪姫´のチャンポンじゃあないかっ。 ヽ(・、 .)コケッ



この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
壮大な戯れ
2009/08/25(Tue)
昨日の記事、脳卒中の体験談。

思うことはいっぱいあって-

今から15、6年ほど年前、アメリカの精神科医ブライアン・L・ワイス博士の
´前世療法´ という本が流行りました。

精神世界とは全く無縁、むしろ科学で証明されないものには
至極懐疑的であった博士の元に訪れた、心身に障害を負っていた患者キャサリン。
彼女を催眠療法にて治療中、どんどん退行していき
遂には前世にまで遡ってしまい、トラウマの元を見つけすっかり完治。

その後、他の患者を通しても そのような体験を重ねた博士。
事実、この世には人知を超えた計り知れない世界が広がっていることを
認めざるを得なくなった・・そんな本だったと思います。

そして・・シャーリー・マクレーンの ´アウト・オン・ア・リム´

これも、こりゃまたもう20年ほど前になるでしょうか。
私がまるで吸い込まれるようにして、はじめて手にした精神世界満々載なこの一冊。
この本も、前世や魂なんかがテンコ盛りだったよな気がします。

** 輪廻転生、そして前世があるのかどうか・・それは私にはわかりません。
エンリケ・バリオスの ´魔法の学校´ では、こんな風に綴られています。
「ここでも、そしてあの世でも、人は皆 一人一人が自分の想像しうる宇宙に住んでいる」

一昔前だったらば軽く一蹴されていた、ともすれば好奇の目でしか見られなかった
人前で話すには、かんなりリスクの大きすぎる魂の話を
女優や医師、そして科学的裏づけを目指して日々研究を重ねている
博士というような、世間に影響力のある方々が自らの見性という体験を通して
それをありのままに語り、ただ´源へ還ること´、´全てはひとつの派生であること´を
人々に啓いているその姿に、改めて軽い衝撃を受けた私です。

もちろん一般の方にも、その輪は広がっている・・

パソコンの普及に伴って、情報を共有することが出来る今
ブログというツールを通して、それは日常茶飯に行われています。

日々の暮らしの中でそれを口にするのは、まだまだとっても勇気がいるし
正直、出来ないのではありますが・・
それにしても、ずいぶんと開かれたこの時代。

やっぱり人は 『体験』 を通して学んでゆく生き物なのですね。

聞きかじりの知識や情報を集めて、いくら´体験したつもり´になっていようとも
それは実-ジツ-にかなっていないというワケで・・

そんなカラクリにも、´戯れ´という言葉が、ちらりほらりと見え隠れ- (^ー^)ノ☆*.。


この記事のURL | つぶやきのカケラ | ▲ top
百聞は一見に如かず
2009/08/24(Mon)
いつもとってもお世話になっている ユーリ姐さん処
紹介されていた素晴らしき動画。


◇脳卒中の体験談 1/2
◇脳卒中の体験談 2/2


Which do you choose,・・and when ?



この記事のURL | 心つながる。o○メッセージ | ▲ top
親子
2009/08/24(Mon)
pyiandnana01.jpg

↑↑ 親子。

pyiandnana02.jpg

↑↑ 親子。

nana08.jpg

↑↑ どっから見ても正真正銘の-
親・・♬♩♫♪( ^☣ฺ_ゝ☣^ฺ)


pinky14.jpg

↑↑ 子。 (^✪ฺܫ✪^ฺ) ♪♫♩♬


gra08.jpg

↑↑ 父ちゃん?・・おぢさん??(◔ム◔)))


この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
Listen
2009/08/23(Sun)


I’m more than what you’ve made of me
I found the voice you think you gave to me
But now I gotta find my own
My own・・・


心が叫んでいます。
「もっと自分の声を信じて!」 と・・


この記事のURL | 心の糧 --響-- | ▲ top
ねこ劇場、えきすとら
2009/08/22(Sat)
わが家のテケテケねこ劇場。

たまに劇団員以外の通行人、いや通行猫にゃが
テッテケと通り過ぎてゆきます。

一瞬コグマかと見間違うほどの、デカイくろねこちん。
(黒毛だのに、光が当たると赤がチロチロと見え隠れする
不思議な毛色 da ビジュアル系)

ムスっと いっつも仏頂面、でも鳴き声はかよわきおにゃごのような
Mr.ギャップな茶トラくん。
(思うに ぐらさん、この子に噛みつかれたのではと推測・・( ̄- ̄=)・・ )

そして、小ぶりなカワユイ女の子・・
名づけてハニカミ白にゃん子。

お目目はブルー&うっすーグリーンのオッド・アイ。

こちらをじーっと見つめて、じりじりと近寄っては来るものの
一歩こちらが踏み出せば、小さなおちりをフリフリとさせながら
すぐにピュインと逃げていってしまいます。

siro01.jpg

この通行猫にゃ'ズ、いろんな処でエサをもらっているらしく
各々寝床もきちんと確保されているようで、日々たくましく暮らしているようです。

ご近所のおばあさんが、たくさんの野良猫を飼っていたのですが
そのおばあさん、全てのねこにゃ'ズを置いて遠方に引っ越してしまわれたので
困ったねこにゃ'ズ、生きるためにあちこちに出没しているようです。

ぐりもぐらも七海ちゃんも、全員揃ってそのお仲間。

人類みな兄弟、ではないけれど・・
この界隈のねこにゃ'ズ@テケテケねこ劇場登場ねこにゃは
皆、親兄弟親戚衆なのかもしれませぬ。

劇団員募集をかけても、座長のぐらさん 全て一蹴する巻。 ( ー_ー)ノ
↑↑ い、、いつの間に座長に昇格??・・ (´-ω-`)

この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
パワーの源
2009/08/21(Fri)
職場主催にて´暑気払い´のお食事会へと行ってまいりました。

ボランティアにて、定期的に大正琴を弾いてくださる先生と
毎週マジックを披露してくださるお方と・・いつもの割烹料亭で。

地場産の魚に舌鼓を打ち、話に花が咲いた頃
マジックを楽しみにしていた店のおかみさんのために、と
急遽マジックショーを開催。

隣のお席で会席を楽しんでいらした方々まで合わさって
やんややんやの大盛況@即席マジックショー。

ショーがお開きになった時、お呼ばれ隣席の初老の女性が
こう仰いました。

「さっきまで足が痛くて引きずっていたけど・・
なんだかパワーを頂いたみたい。素敵な出会いをありがとう!」

「いえいえ、逆にこちらがパワーをもらってるんですよ」

そう仰るそのマジシャン・・御年81歳!

えぇえーーーっ!?

私もお年をその時知り とっても驚いたのですが
とにかくイキイキとしていて、どうみても70代前半にしか見えないその風貌。

「人に喜んでもらいたい」

そんな一筋の思いを抱いて、マジックを続けてらっしゃるのだそうです。
我がデイサービスをはじめ、さまざまな老人施設やイベントと
地域をあちらこちらに走り回り・・

併せて地元の史跡のガイドを務めたり、老人会で地域の清掃に励んだりと
とにかく精力的に日々を過ごされているそのお方。

素敵です。

大正琴の先生も、御年もうじき80歳!

足が悪く、杖をついてはいらっしゃいますが
同窓会やら何やらと、こちらも精力的にあちこちを飛んで回って
いろんな方と接触し、人生を謳歌されている模様。
お召しになっているお洋服の色合いが、とっても明るいその先生。

お二人とも、豪快によく笑うのですよ。
心から楽しそうに。

「もう年だから」 「体のどこぞが悪いから」 などなど
そんな言葉を微塵も感じさせない、お二人のそのパワー。

そして・・「人さまのために」

自分が確立されていなければ、なかなか出来ない 「人さまのために」

これを体現されているお二人に、心から感服・・

その生き様を間近で感じることの出来る自分は
本当に幸せ者だと思います。

「自分の性格が、境遇が、今いる環境が、あの人がこうだから・・ etc・・」

『今』 しかない人生に、言い訳は不要ですね☆ (^ー^)ノ☆*.。


この記事のURL | キラリ☆人物伝 | ▲ top
サンタが夏にやって来た
2009/08/15(Sat)
真夏のサンタマン、登場☆

sasuke15.jpg

ぼくちんのほっぺたには希望が、桃色のお鼻には夢が
ぽむんぽむんのお腹には、愛がいっぱいつまっているのさ・・

ポッフポフのでっかい手で、幸せをたくさん届けよう♪


nana07.jpg

へぇえ~、あにゃたが巷で噂のサンタマン?
これぞまさしく招喜猫☆

なんだかちぴっと迷惑顔@サンタマン。 ( ̄  ̄) ・・


この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
アルセウス-超克の時空へ-
2009/08/14(Fri)
今年もちびこと行ってまいりました。

アルセウス-超克の時空へ-

今年で3度目。

「仕方ない。付き合うか・・」 から始まったポケモン映画でしたが
こりゃまたどうして。毎年私も楽しみにするように。

ほいでもって、密かに今年も涙しました。 ( ー_ー)ノ

時間を司る神ディアルガと、空間を司る神パルキア。
二極の反転世界に生きるギラティナ。

そして混沌のうねりの中、時間も空間もない何もない世界から
存在を創り出した神、アルセウス。

今回のキーパーソンであるシーナという女性は
ことあるごとに、心が通ずるようにと祈ります。

前回から続いていた、時空が歪んだために出会った2つの神々の戦い・・
永い時を経て持ち越された誤解。

過去と未来と現在の繋がり、裏切り、信頼、祈り、そして、愛-

最後にアルセウスが、主人公のサトシにこう言います。

「サトシ、この世は美しい。
私は自分がこの世の一部だということが、ようやくわかったような気がするよ」

単なるアニメではなく、まるで現代の神話を眺めているようでした。 ゚+.(・∀・).+゚

【超克】
困難や苦しみに打ち勝ち、それを乗りこえること。(大辞泉より)



この記事のURL | 心の糧 --cinema-- | ▲ top
近頃のぐらさん
2009/08/13(Thu)
わが家のテケテケねこ劇場@看板すたあ(最近、ちょい役?)、ぐらの助。

相方のぐりの坊がいなくなってしまったその後は
めっきりすっかり元気がなく・・
痩せてしまって、そよ風にすら吹きとばされそなくらいに
体がペランペランの薄っぺら。
歯も下半分がすっかり抜け落ちて、舌べらペロリと出たまんま。

おまけに、一緒にエサを食べようと七海ちゃんに寄るたびに
強烈ねこパンチ連打を喰らう毎日なのであります。 ⌒゚(`Д´)゚⌒

そんな日常の中。
昨日エサを食べに寄って来たぐらの助の顔をふと見ると
ほっぺたに大きな大きな傷跡が・・

直径3cmほどはあるでしょうか。
皮が一枚むけてしまって、傷口は開いたまんまで膿膿状態。

(||゚Д゚) うわぁあぁ

ばあば@ウチの母は数日前から気づいていたらしく
せっせと抗生物質を塗ってくれていたそうです。
(思えばうえるかむピンキーさんの時も・・抗生物質点し係だったこの母。
その甲斐あって、今ではキレイな瞳のピンキーさん ✪ฺܫ✪ฺ )

そういえば-
気づけばいつもそこにいるぐらだのに、近頃は姿を見せない日もあったり
食欲減退、触ってみると心なしか熱かったりで・・

心配なことこの上ないので、病院へと れっつ・ら・ゴーゴー☆

二度目の病院。

熱のほどは、39.5°。
人間で言うたら、37.5°並みの微熱なのだそう。

大きな傷口を、アルコールの染みた消毒液でゴッシゴッシと拭かれても
声もあげずに、じっと耐えてるぐらの助。

「あんたはほんとにいい子だよぉ~」 と、女先生。

先生曰く
「立ち向かって行ったんでしょう。逃げてたらおしりに傷があるはずだから」

気は優しくて、力持ち。
なんてったって、ドルジさんだもの。

ずいぶん弱々しくなっちゃって、闘う力なぞあるはずないのに
よそのねこにゃが寄るたびに、ありったけの力を振り絞って
おいらのおうちを必死な思いで守っていたのでしょう。
(そんな時、七海ちゃんはピュインと逃げるの巻 ( ̄- ̄=)…)

注射を二本してもらい、塗り薬をもらって帰ってきました。

その後、エサをあげようとキャリーバッグから出した途端に
ビュイーンとものすごい速さで、かっ飛んでゆきました。 (´∀`;)

母に薬塗り係をお願いしたらば快く引き受けてくれ・・
やっぱりわが家のねこにゃの保健係におわします。 (^-^)/

頑張って生きているんだね、ぐら。

生きるために、生きている。

外にいようと、家族の大切な一員だよ。
どんなことがあろうとも、護ってあげるから・・安心してね。

とりあえずは一安心、です☆

gra07.jpg


この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
ブラウン管
2009/08/12(Wed)
cosmos.jpg

最近TVを賑わしている一連の事件。

「裏の顔」 とか 「栄光と転落」 「光と影」 ・・

そんな言葉が交錯して出てきます。

ブラウン管越しに眺めている私たち。

この世で生きている限り、人間誰しもが持ち合わせている表と裏の顔。

自分を明け透けにさらけ出して、外の目と自分の内がピタリと
合致する人なぞいないのだと、私はそう思います。

過去に起こった出来事とか、今 振り回されて心乱されている事象など・・
人知れず何かを抱えて生きている自分と
それを悟られまいと、努めて明るく演じている外の自分。
本心と虚勢。行動の伴っていない薄っぺらい言葉。

人間の一番弱い部分が露呈されたこれらの事件を
´映像´として今、自分が眺めているということ。

単なる傍観者として、全く手の届かない知らない世界を
垣間見ているのではなく、紛れもなく自分たちの心の投影された
´映像´なのだと、そんな風に感じます。

と同時に、これは何を含んでいるのかな・・

日々つらつらとそんなことを考えています。

感謝、同情、寛容、謙虚、理解、勇気


この記事のURL | つぶやきのカケラ | ▲ top
立秋を過ぎて・・
2009/08/09(Sun)
zansho.jpg

残暑お見舞い申し上げます。

毎朝4時過ぎに、愛すべきねこにゃたちに起こされる私。

今までは、もやんと蒸し暑い風に包まれていた朝ぼらけの町。
立秋を境に空気はガラリと変わって・・
なんとはなしに、涼やかな秋の風が吹き抜けているようにも感じます。

昼間はまだまだ暑いけれども
陽はだんだんに傾き始めて、季節は確実に秋へと向かっています。

残暑厳しき夏の疲れを癒すべく

パワーを取り戻す´赤´と、くつろぎの´緑´に
溢れる喜びの´黄´のパワーを添えて贈ります♪

これから迎える新しい季節に向けて-

大地にしっかり両足を踏みしめて(赤)、ハートの中にある真実を感じ(緑)
自分らしく輝いて(黄)生きてゆければ・・
なんて思うのでべし。 (^ー^)ノ☆*.。


この記事のURL | ごあいさつ | ▲ top
ムッシュ・サスケ la コレクション -秋、先取り篇-
2009/08/08(Sat)
sasuke14.jpg

◆街角のお洒落泥棒-どりぼ~

sasuke13.jpg

◆ポン・de・ ライオン サスケ ♪

とびきりイカした駿河ボ~イさ∮

↑↑↑ される ga ママ の、おとなしぼくちん☆
帽子かぶって何思ふ-

pinky11.jpg

◆あたちも忘れないでぇ~~~
(↑↑↑ ス・・スキマが・・(  ̄m ̄)プッ )

【おまけ】
ポン・ de シリーズ第一弾・・懐・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。


この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
星読み
2009/08/07(Fri)
ひょんなことからつい引き込まれて観てしまった映画・・プルートで朝食を から
冥王星に興味を持ち、○○座がどこどこに移動した、次は獅子座の新月だよ・・などなど
もっと詳しく´星´について知りたくなり-

ついに注文してしまいました。

星読み―ホロスコープなしでわかるあなたの運勢星読み―ホロスコープなしでわかるあなたの運勢
(2006/10)
石井 ゆかり

商品詳細を見る


星の運行表やらハウスの意味やら・・なにやら詳しく載っていそうです。

左記、お宝リンク大全集にもリンクさせていただいておりますが
石井ゆかりさん の、占いを超えた、まさに´星読み´が大好きな私。

今か今かと、首を長~~~くして届くのを待っています♪ o(^-^)o


この記事のURL | 心の糧 --本・物語-- | ▲ top
A Whiter Shade Of Pale
2009/08/06(Thu)


Vesta

心に残る旋律で、大好きな曲のひとつです。
(歌詞がまったくもって難々解々、チンプイカンプイの巻 ?(゚_。)?(。_゚)?)


この記事のURL | 心の糧 --響-- | ▲ top
魔法の学校
2009/08/03(Mon)
エンリケ・バリオスの魔法の学校 (超知ライブラリー)エンリケ・バリオスの魔法の学校 (超知ライブラリー)
(2005/04/19)
エンリケ・バリオス

商品詳細を見る


今、読んでいる本です。

最近、図書館から本を借りてくるも なぜか途中で読む気が失せてしまい
1冊の本すら読破することが、なかなか出来なかったこの私。

着々と読み進めております。

この地球道場にいる私たちを頑なに縛り付けているブロックを解くべく
軽妙な言い回しで、真理を示唆しているこの本。

・繊細なものと粗野なものを識別する努力
・魔法において全ては選択、そして自由意志の尊重・・
 たとえ苦しみであっても神はそれを選ぶ人を尊重する
・お城の地下室にいる私たち-私たちは上の階にあるさまざまな部屋を知らない
・自分の外で起こる事件や事故は、その人の内面を反映したもの
・ここでも、そしてあの世でも、人は皆 一人一人が自分の想像しうる宇宙に住んでいる
・意識について-私たちは自分の意識の水準に存在する
・究極の自分の 「作品」 とは-


いかに自分が狭い世界の中で生きているのかを
思い知らされた1冊でした。

真理は実に単純明快この上ないのに
いともたやすく実行できないのはなぜだろう・・

それは、恐怖が根源にあるのでしょう。
気が遠くなるほどの幾年月をかけて、身に染みついているこの恐怖。
変わることを望んでいても、知らない世界は怖いと感じる・・

すべては振動なんだ。
正しい振動を送らなければ何も起こらないし、具体的な行動で示さなければ
やっぱり何も変わらないよ。


他人に魔法をかけてもらって、自分を救うことなぞ出来ない。
自分には、自分を創り上げる責任てぇものがあるのだと思います。

魔法とは・・
ワンドの杖を一振りするだけではなく、エゴと真の声を識別して
自分が自分と調和する努力とか、純粋な心を保つ努力なんぞは
今の意識でいる限りは必要なことのようです。
この、神の遊戯の元にあっては-

ねぇキミ、ちょっといいかな。その顔やめてほしいんだけど。
首を落とされた羊と初日の新入社員を合わせて二で割ったようなその顔・・・。
もっとのびのびと、リラックスしなよ。


あまり深刻になり過ぎず・・笑顔も忘れちゃいけないのべし☆


この記事のURL | 心の糧 --本・物語-- | ▲ top
一人≠孤独
2009/08/02(Sun)
ウチのちびこさん。

夕飯時に学校でのお話をするのですが

「今日は図書室でオニャララの本を読んできた」
「運動場で一人で虫を追いかけた(楽しそうに)」 ・・・

「お友だちと○○で遊んだ」 てな話を聞くのは、ごくたまに。

聞くと、お友だちと遊んでいないワケではなさそうなのですが
「一人が気楽でとっても好き」 と言うのです。

「ちびこは皆と仲良く溶け込んで遊んでいるのかな」

仲良く遊べるお友だちがいないのではないか・・
ダンナ共々のそんな心配を胸に
夏休み前の面談の際、担任の先生に伺ったところ

「ちびちゃんは自分の世界を大切にする子です。
かといって、クラスで浮いているとか孤独というのとは違います。
何かの折には皆と仲良く溶け込んでますし、周りもちびちゃんの
性格を知っているため、ちびちゃんが一人でいる時は
その世界を侵さないようにしているように見受けられます」

安心しました。

人と連れ立っていないと不安でならない傾向のある女の子の中で
自分なりの世界観を持って、一人でいることの心地よさを知っているちびこ。

先生は授業の中で 「学校が楽しい人?」 と
各々目をつぶらせて手を挙げてもらったところ
いつも何人かで行動している女の子のグループの数人が
手を挙げなかったそうです。

「傍から見ると、楽しそうに見えるんですけどね・・
いつも大勢の中で共に行動しているからって´仲がいい´というのは
全く違うんです」

そう、先生は仰っていました。

(そんな勘違いをしている大人も多いのでしょうね、きっと)

ちびこは張り切って、ピーンと思いっきり手を挙げたそうです。

一人だからといって´孤独´だと思い込んでいた
その見識の狭さをひたすら猛省-

抱え込んでいた思い込み・・固定観念てぇのを
ひとつ、手放すことが出来たような気がします。

子どもは親が思っている以上に、たくましく強く生きているようです。

誰であれ、出会う人全てが自分に大切な学びをもたらしてくれるのですね。
特に一番近しい家族から学ぶことは多く・・
´子ども´といっても、魂年齢から鑑みたら一体どうなのかな・・

そんなことをつらつらと感じた出来事でした。


この記事のURL | 家族ワイド劇場 | ▲ top
夏、本番!
2009/08/01(Sat)
pinky010.jpg

8月だよ~っ!


sasuke11.jpg

全員集合っ!


sasuke12.jpg

お盆だよヘ(Θ_Θ;ヘ)))
ほぉどを゛えぇ゛へぇえ゛~~~っ (||゚Д゚)ヒィィィ



この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
| メイン |