2010 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2010 03
春眠
2010/02/25(Thu)
画像 707245637

◇うららかな春の一日。ピンキーさんは熟睡中。
(ぐっすり眠りに入ると、目が長っぽそくなりたるピンキーさん)



画像 707245649

◇なんてったって、眠いのよぅ・・


画像 707245645

◇仕上げはやっぱりお盆の上。
あたたかな陽射しを求めてジプシークイーン。



そこかしこにて河津桜がほぼ満開-
春の足音がととんととんと聞こえます。(^ー^)ノ☆*.。



この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
フェイササイズ
2010/02/24(Wed)
フェイササイズ―自分でできるフェイシャル・エクササイズフェイササイズ―自分でできるフェイシャル・エクササイズ
(2002/11)
キャロル マッジオ

商品詳細を見る



こないだ、運転免許証の更新に行って自分の写真を見てビツクリ・・

なにこれぇえーーーっ!? ( ̄ロ ̄; )

頬がやせこけちゃって、目尻にはシワが、そしてすっかりやつれきっちゃって
人生に疲れたようなお顔をしてなさる。

童顔ゆえか、年齢よりはかなり若くに見られる私ではありますが
寄る年波には逆らえず。

いかん、いかん、いか~ん!

というわけで。
今、せっせとせっせとエクササイズならぬ
フェイササイズを行っています。゚・(ノ∀`)・゚・

始めてまだ3日ほどですが、すでに効果は出はじめて
家人揃って驚きの嵐。

地球の引力を証明しつつあるかのようなお顔だったのに
頬はふっくり、そして皮膚にピンとハリが出てきたのですよ。

顔の筋肉が張っているのがわかります。
顔の筋肉なんて、自覚したのは初めてです。

ダンナさん曰く
「まだ全盛期にはほど遠いけどな。 ( ̄- ̄=)・・」

このフェイササイズ、
´口角のエネルギーを感じて熱くなってきたら´ とか
´想像上のラインをたどって´ とか、単なる筋トレかと思いきや
イマジネーション全開で行うトレーニング。

想像力ってのは生きていく上でのキーワードなのかもしれないなぁ・・
フェイササイズからも、ふと思い。

「シワは生きてきた証。素晴らしい年輪じゃあないか」

とは、まだまだ思えぬ私のようであります。 (  ̄ー ̄)ノ


【余談噺】

♪おばあちゃんのシワは 頑張りジワだよー♪

ちびこが保育園の頃に歌っていた歌。

白髪も頑張ったしるし、なんて続いていたよな気がするのですが・・
シワもなければ、髪も当時は一部お洒落に(?)紫っぽかった
ウチのばあば@母を見て

「きっと頑張ってないんだね、ばあばは」

堂々と言ってのけたるちびこさん。 Σ(- -ノ)ノ



この記事のURL | 心の糧 --本・物語-- | ▲ top
AVATAR
2010/02/23(Tue)
観てきました。

AVATAR

本当は違う映画が観たかったのだけれど、やってなかった。 ( ー_ー)ノ

のでから。

「ちょうど時間の合うものを観よう」
着いたと同時に上映されていたものが、AVATAR でした。

これも自然の流れかな、なんて思いながら。

米映画・・またもや勧善懲悪ドドン de パチじゃあないか。
科学の盲信や軍隊てのもお決まりっぽいでないの。

とは言いつつも。
SF幻想世界大好きな私ゆえ~素敵な映画でした。 (*´∀`*)

アカシックレコードを彷彿とさせるよな生命の樹。
ここはパンドラ、そしてハレルヤ・マウンテン。

夢と現実、真実、価値、体、心、祈り、魂、神、イマジネーション。

そんな言葉が随所に散りばめられている映画でした。

神や精霊を嘲笑する人間たちの姿。

善行奨励的な映画は数あれど-
ここまで精神的な核に迫った映画ってあったかな、と ふと思い。

表舞台に出ることなく、ひっそりとつぶやかれてきた精神世界の話。
堂々とそんな話が出来る時代の幕開けなのでしょうか。

この広い宇宙のどこかに、パンドラ星は実在するのかも??
なんて・・胸がワクワクしてしまう私なのです。^^


【おまけ】

画像 707245643

◇わが家の異星人、ゴマターと きなたー。
・ゴマター/ピンキーさん。なぜなら文様がゴマっぽいから。
・きなたー/ボン de サスケ。きなこっぽいので。 ((ヾ(∀´* )

サバトラだったらサバターだったのにな。・、λ ちぇ


画像 707245648

◇こちら大御所、にゃにゃ(なな)たー登場。

´たー´ をつければいいってもんでもなさそうだ。 (゜∀。)ワヒャヒャ



この記事のURL | 心の糧 --cinema-- | ▲ top
幸せのしるし
2010/02/22(Mon)
画像 044


昨日、ちびことお風呂に一緒に入ったときに
ちびこが自分のおなかに点在しているカフェオレ色の斑点を見て
ぽつりとつぶやきました。

その斑点は、レックリングハウゼン氏病のしるしです。

「このほくろ、増えてるような気がするんだよね・・
ママも小さい頃に、こんなにほくろがいっぱいあった?」

「もちろん!でも大人になるにつれて消えてくるもんだから
心配しないで大丈夫だからね」

こう聞くと、少し安心したのか・・おなかのど真ん中にある
ひときわ大きな斑を指さしてこう言いました。

「これはあってもいいんだ。だって、これは幸せのほくろだから」

いくつかの難病を持つ体を通して、この人生を学ぼうと決めてきたちびこ。

そうかもね、それは最高の恩恵のしるしなのかもしれないね。



この記事のURL | 人生の選択 --病-- | ▲ top
Bridge Over Troubled Water -明日に架ける橋-
2010/02/21(Sun)




生きることに疲れ果て 心がくじけて
涙でその瞳がくもるときには 僕がその涙を乾かしてあげよう
いつもそばにいるよ 辛いときにも
ひとりぼっちのときだって

荒れ狂う海に架かる橋のように
僕はこの身を捧げよう

打ちのめされて 行くあてもなく
夜のとばりが冷たく降りてくるときに
きみを包み込んであげるよ
暗闇が立ちこめて 痛みを感じているときも

荒れ狂う海に架かる橋のように
僕はこの身を捧げよう

銀色の少女よ 帆を立てて旅立つんだ
今こそきみは 輝くのさ

夢はもう すぐそこに
輝きを 確かめるんだ

ひとりぼっちで心細いと思っても 
いつでも僕はそばにいるよ

荒れ狂う海に架かる橋のように
僕はこの身を捧げよう

荒れ狂う海に架かる橋のように
きみの心を優しく包んであげよう

                  **Simon & Garfunkel**




この記事のURL | 心の糧 --響-- | ▲ top
ふたりの理由
2010/02/20(Sat)




ある日男は出会った 女は弓を引いていた
女が弓を引いた時 男は真実を見つけた
男はそれまでのすべてを捨てて やがて女と一緒になった
二人は丘の麓で共に暮らした 夕陽も深く二人を染めた

夜が朝に変わるまでSoul Mates
風が光に変わるまでSoul Mates

男はずっと旅をしていた 道を極めようとしていた
オレンジ色の服を着ていた 片手に知識を抱えていた
女は大地に立っていた ひとりぼっちで暮らしていた
美しいベールを身にまとい いつも星の動きを知っていた

夜が朝に変わるまでSoul Mates
風が光に変わるまでSoul Mates
雨が虹に変わるまでSoul Mates

                        **佐野元春**




この記事のURL | 心の糧 --響-- | ▲ top
心、言葉、そして現実
2010/02/19(Fri)
hhana.jpg


以前勤めていた施設で、とっても心に残っていること-

認知症と共に生きてらっしゃる二人のおばあさん。
90近くのお年齢-トシ-も一緒。

Aさんは、女手ひとつで息子さんを育て上げた苦労のお方。
しかし息子さんを 「嫁にとられた」 との思いをずっと抱えて
生きてきた。

自分を見て欲しい、自分を一番だと思って欲しい。

それは激しい攻撃の言葉や無視などの行動に、明らかに顕れていました。

とある事件が勃発し、未熟だった私の対応の悪さも相まって
半年間、話かけてもウンともスンでも全くなしの無視状態・・
なんてこともありました。

その行動の裏に隠された思い。

きっと心に秘めた行き場のない重たい思いを
誰でもいいから受けとめてもらいたかったのでしょう。

Bさんは、ご主人と人生のお別れをした後は独りぼっちで暮らしてきたお方。

「食事がとってもおいしい」 「みんなと一緒に暮らすことが出来て幸せよ」
「今まで生きてきた中で、今が一番幸せよ」

口癖は 「幸せよ」。

小さなことを見つけては 「ありがたい、ありがたい」 と
ツーと涙を流して手を合わせる。

職員の姿を見かけては
「あなた、今日とってもいいお顔してるわよ」

夜勤の時には
「お疲れさま。夜は冷えるから体に気をつけなさいよ」

人への温かな気遣いも忘れず、必ず言葉にして伝えてくださるお方でした。

そんな対照的なお二人のその後。

Aさんは転倒を繰り返し、脚を骨折して歩けなくなり入院。
おまけに皮膚疾患にて、ほんの小さな傷でも何倍にも膨れ上がってしまうため
身体中は傷だらけ。
言葉も段々と減っていき、体も拘縮してしまい
ベッド上での生活を余儀なくされてしまいました。

1年ほど前に面会に行った時には、その激しさの面影もなく
無表情でベッドに横たわっているだけのまったくの別人でした。

一方のBさんは状態は殆ど変わらず
今も元気に施設で暮らしていると聞きました。

今でもそのお二人のことを思い浮かべて、考えることがあるのです。

この数行で表されたその方々についての云々はほんのほんの一片で
今まで生きてきた背景や周りの環境、認知症の症状や身体的な状況などなど
一人の人間には複雑な要素が絡み合っているのだということを念頭においても・・

善きにつけ悪しきにつけ、行動や想念はやっぱり忠実に
自分の現実に反映されている。

そんな風に思えて仕方ないのです。

配役、状況、その他諸々・・詳細にわたって自分で決めているこの人生。

文句を言いたくなるときもあるし、腹を立てることもあるでしょう。

その状況が自分の人生の全てだと思い込み、思わず飲み込まれてしまうことも
多々ありますが、これも設定しているほんの一部分なのだということを
一歩引いた目線で自覚しながら生きてゆくことが出来たなら・・

お年寄りの生きてこられた軌跡をたどり、今の状況をじっくりと眺めていると
そんな宇宙的人生劇場の一端を垣間見ているようで。

人さまの状況は真によく見渡せます。

同じように、自分の人生も傍観出来るようになれればいいなぁと
常々そう思う私です。



この記事のURL | つぶやきのカケラ | ▲ top
戻っておいで
2010/02/15(Mon)
私の行きつけのお花屋さんの看板ねこにゃ'ズ。


2010021115480000.jpg

◇おとぼけまなこがプリチーな長毛種のレオンくん。


2010021115470001.jpg

◇とってもおとなしくって、いつも穏やかレオンくん。


P1000139.jpg

◇人が大好き-
ひょいと肩に飛び乗っちゃうほどのなつっこさ・・ダヤンちゃん。



P1000141.jpg

◇↑↑ 私の肩の上。とってもかわゆし、ダヤンちゃん。


2010011407590001.jpg

◇ダヤンちゃん、あたちに似てぇないこと?
ぽつりつぶやくピンキーさん。



捨て猫だったそうです。
二人とも、ダンボールに入ってお店の前に置かれていたとのこと-

こないだ、お花を買いに行ったらあいにくダヤンちゃんは不在。
聞いたところ、二週間ほど前から姿が見えないらしく・・

「あまりに人懐っこいから誰かに連れて行かれちゃったかな・・」 って。

ダヤンちゃん、みんな待ってるよ。
早く戻っておいでね♪



この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
春待ち♪おすまし三人衆
2010/02/11(Thu)
画像 707245654

◇見つめる地平線の遥か彼方・・



画像 707245655

◇そこは神々の住む処・・魅惑の島、バリ(もどき)



画像 707245651

◇にゃに言ってんのよぅ!此処は富士のお山のお膝元・・
燦燦-サンサン-太陽降り注ぐ、伊豆のお国のド真ん中☆




素敵な休日を~ ^^♪



この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
そうじき村は大騒ぎ
2010/02/10(Wed)
ぶぉ~ん、ぐをぉ~ん!


   


画像 707245652

◇・・やや?



画像 707245653

◇・・・ややや!?



画像 707245656

◇来たわよっ!ヤツが地響き立ててやって来たわよっ!
(急いでダンナさんの背中にビュインと飛び乗るの巻)




画像 707245657

◇ちぃこくなって(なったつもりで)壁と同化してるフリのぼくちん。
暗~いところで目ぇ伏せて・・ひたすら地味に、静かにぃ・・




そうじき村で繰り広げられる
テケテケねこ劇場@ドタバタ喜劇の一コマなり。⌒゚(´ー`)゚⌒




この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
手紙~親愛なる子供たちへ~
2010/02/08(Mon)
年老いた私が ある日 今までの私と 違っていたとしても
どうかそのままの 私のことを 理解して欲しい
私が服の上に 食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても
あなたに色んなことを 教えたように 見守って欲しい

あなたと話す時 同じ話を何度も何度も 繰り返しても
その結末を どうかさえぎらずに うなずいて欲しい
あなたにせかまれて 繰り返し読んだ絵本の あたたかな結末は
いつも同じでも 私の心を 平和にしてくれた

悲しいことではないんだ 消えて去って行くように 見える私の心へと
励ましの まなざしを 向けてほしい

楽しいひと時に 私が思わず下着を濡らしてしまったり
お風呂に入るのを いやがることきには 思い出して欲しい
あなたを追い回し 何度も着替えさせたり 様々な理由をつけて
いやがるあなたと お風呂に入った 懐かしい日のことを

悲しいことではないんだ 旅立ちの前の準備をしている私に
祝福の祈りを捧げて欲しい

いずれ歯も弱り 飲み込むことさえ 出来なくなるかも知れない
足も衰えて 立ち上がる事すら 出来なくなったなら
あなたが か弱い足で 立ち上がろうと 私に助けを求めたように
よろめく私に どうかあなたの 手を握らせて欲しい

私の姿を見て 悲しんだり 自分が無力だと 思わないで欲しい
あなたを抱きしめる力が ないのを知るのは つらい事だけど
私を理解して支えてくれる心だけを 持っていて欲しい

きっとそれだけで それだけで 私には勇気が わいてくるのです
あなたの人生の始まりに 私がしっかりと 付き添ったように
私の人生の終わりに 少しだけ付き添って欲しい

あなたが生まれてくれたことで 私が受けた多くの喜びと
あなたに対する変らぬ愛を 持って笑顔で答えたい

私の子供たちへ
愛する子供たちへ

  **ポルトガル語で書かれた差出人不明の一通のメールより**




職場の壁に掛けられた、最高の愛の詩-ウタ-。



この記事のURL | 心の糧 --言の葉-- | ▲ top
のらのら庵-安らぎ篇-
2010/02/07(Sun)
画像 707245635




素敵な休日を~♪


この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
こころのつぶやき-サスケ@如月篇-
2010/02/06(Sat)
画像 707245642

◇ぼくちんも伊豆の国スカイツリーにのぼりたいな・・・
◇!?
※伊豆の国スカイツリー ⇒ キャットタワーの こじゃれた言い方 Σ(- -ノ)ノ



画像 707245641

◇のぼりたいな・・のぼってみたいな・・のぼりてぇなあ。



画像 707245640

◇だめでゴンスのいやだわさ。[キッ]
◇ぐゅぎょい~んっっ (サスケ de ぼん、ショックで凍てついちゃうの巻)



画像 707245639

◇流石のアッパレ☆アタシの子ども。筋金入りのごうじょっぱりねん。



相も変わらず、気のつよ女なピンキーさん。 。・゚・(ノ∀`)・゚・。


この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
空を見よ!
2010/02/05(Fri)
私が眠りこけていた間の Σ(- -ノ)ノ
不思議な出来事-

冬のはじまりの橙光色のお空に浮かぶマットシルバーの物体ひとつ。

ありゃ?飛行機にしては形がへんだね・・
カプセルっぽい楕円形でその場をじっと動かない。

じーーーっと見つめていると
ぶわーっと眩いほどの銀光を解き放ち、その場でだんだん小さくなり
仁丹みたいにちっちゃくなってポッと消えてしまいました。

去年も そんなこと があったっけな。

驚くことでもないんだけれども・・なんなんだろかな。(・・ ?


この記事のURL | 不思議わんだぁらんど (・・? | ▲ top
復活の兆し
2010/02/04(Thu)
pinky40.jpg

◇あっと言う間に世は立春~あたちは元気に暮らしています。


sasuke18.jpg

◇ぼくちんは冬眠チックに~冬は眠って過ごすのさ。
これぞほんとの寝子、猫、ねこ。



・・というわけで。

木の葉もハラハラ舞い散って、そろそろ冬将軍がやって来る・・
そんな季節からす~んとタイムワープ、今日は春の訪れを告げる立春です。

その間、いろいろ、いろいろ。

ちびこのグレーゾーンだった病が確定になっちゃって
難しい病が3つになってしまったり。
仕事でいろんな出来事が起こったり。

まさに自分の心象風景を、じっくりこんと味わい尽くしていた時期でした。

土の中の命も、閉ざされた氷の中で息吹く春に向かって
その時を待っている厳しい厳しい季節。

春はもう近づいているよ。

そんな気配を感じながら、私もそろそろ活動開始☆^^☆

これからもまた、よろしくお願いいたします♪


この記事のURL | つぶやきのカケラ | ▲ top
| メイン |