2010 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2010 05
笑顔万福
2010/04/30(Fri)
画像 707245713

◇うふ・・うふうふ~っ♪

楽しい夢でも見ているのかにゃ? ^^


とびきり素敵な1日を♪



この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
ぐりへ
2010/04/29(Thu)
ぐりが旅立って今日でちょうど1年です。

あれからもう1年も経ったんだね。
早いもんだね。

ぐりの助、今なにしてる?

万年ハナスピーは治りましたか?

ほどなくして、ぐりの元へ向かったぐらとは仲良くやってるかな?

ぐりが大好きだったぐらだから、きっと(うっとうしがられながらも)
ぐらに甘えてゴロゴロしてるんだろうねぇ。
その様子が目に浮かびます。

七海ちゃんもピーもサスケも、とっても元気です。

七海ちゃんは、頑なに心を閉ざしていたけれど
今ではとっても可愛い声で、おねだりしたり(時々 「シャーッ!」 とも言うけれど ^^:)
手のひらからご飯を食べてくれるほど、心を開いてくれてます。

テケテケねこ劇場にも、新しい団員たちが入団したよ。

お空の上から、みんなのおっぺけぺぇっぷりを眺めて
毎日楽しく暮らしてちょうだいね。
(あ。そろそろ次の演目の脚本もお願い♪)

よく家族で

「ぐりとぐらが来てくれたから、わが家はねこ派になったんだよね」

「ぐりは歌舞伎チックな顔立ちで、なんだかカッコよかったねぇ・・
ぐらはすこぶるドルジさんだったけど」

そんな話をしているのを、きっと聞いているのでしょう。^^

ぐりのことは、一日たりとも忘れたことはありません。

愛するぐりへ。今でもずっと、ありがとう・・心から~^^


画像 675

画像 66915

画像 703215


この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
オオカミが来た!
2010/04/27(Tue)
今朝のちびこさん。

のんびり屋さんゆえ、お友だちとの待ち合わせの時間を
ちょっぴり過ぎて、またもやあたふたバタバタと出掛けてゆきました。

名札をしていないので聞いてみると

「どこにいったかわからない・・」

(-ω-)

何気なく、ちびこのピアノのバッグを覗いてみると
昨日の宿題の、まだ終わっていない漢字ドリルや国語の教科書、
さらにはまっさらな算数プリントや音読カードが
中にひっそりと、息をひそめて入っているではないかいな。

(--)

昨日はピアノのお稽古に行った帰りに
すぐ近くのおばあちゃんちへと帰ったちびこ。

月曜はおばあちゃんちで、キャナダ姐亭ちび丸と一緒に
宿題をするのです。

「宿題は全部終わったよ。音読はおばあちゃんに聞いてもらって
サインをもらった。明日の支度もバッチリだよ!」

いけしゃあしゃあと、そう言っていたちびこさん。

(-・・-;) ・・ ヽ(`Д´)ノ

ん、ふ、ふ。
今日はパパさんお休みなんだよ。
怒るとすこぶる怖いパパさんなんだよ・・( ̄ー ̄)にやり

さて。どうしてくれようか。

またまたウソをつかれた悲しさと怒りとがぶつかって
おまけに自分が軽んじられた気がして、私の怒りは最高潮であります。

おもむろに、ちびこに手紙を書く私。

**ちびこさんへ**

今日もバタバタと出掛けてゆきましたね。
名札もなくし、いろんなものを忘れてゆきましたね。
宿題もやっていないときたもんだ。
昨日 「やったよ」 と言った言葉は一体○◇△・・×□◎・・・


ダメだ。ただクドすぎる。
ちっとも効果的じゃあないよ。

爽やかな朝だのに、ちびこに最大級のダメージを与える一発を
あーでもない、こーでもないと考えあぐねている私。

言葉は短い方がいいのかもな。
その方が 「あぁ、私はなんてことをしでかしてしまったのかしら」 なんて
反省して、ウソのように心を入れ替えてくれるのかもな。

ママは、することもせずに平気でウソをつくちびこを見て
悲しい気持ちでいっぱいです。


サスケのぼんが、隣の部屋からじーっと私を眺めています。

鎮まれ、鎮まれ・・

心の波がおさまった頃・・

ちびこもまた自分たちと同じように、自分でこういう状況設定をして
何かを学ぶつもりなんだろうな。

そう思いました。

キャスティングも細かく設定。
先生がいて、私も据えて、こう言われたらこう返す。

そしてまた、登場人物な私たちも
その出来事からきちんと学べるようになっている。

きっとちょっとの狂いもなく、うまく絡み合っているんだろうなぁ。

ずいぶんとちっちゃな事で心乱していたよな、私。 ( ̄- ̄=)・・ と
なんだかばからしく思えて来ました。

その出来事に囚われてはいけませんね。
出来事の奥に潜む、光を見つけ続けてゆきたいもんです。

夜霧よ今夜も有難う。
ちびこよ、今朝もありがとよ。 ( ー_ー)ノ


画像 707245715

◇怒りすぎだと思うのよ。



この記事のURL | 家族ワイド劇場 | ▲ top
唐獅子牡丹なサスケぼん
2010/04/24(Sat)
画像 707245702

◇おひけぇなすって?



画像 707245701

◇おひけぇなすって。



画像 707245703

◇斜め上から おひけぇなすって。



画像 707245704

◇てっぺんからの おひけぇなすって。



画像 707245705

◇おひけぇなすっての最中に、無神経に通りすがる無礼者。



画像 707245706

◇ひかえおろうーーーっ!


テケテケねこ劇場版、平成残侠伝。 ( ー_ー)ノ



この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
Standing Cat
2010/04/23(Fri)




思わず頬がゆるみますのにゃ♪ ⌒゚(´ー`)゚⌒



この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
日常オムニバス -たわいもない篇-
2010/04/22(Thu)
◇◆◇ 【父】
おかげさまで入院した父は、回復する病ではないけれど
それでもだいぶ落ち着いて

「病院の食事は味気ない」 やら
「暇つぶしにDVD観ようとコンパクトプレーヤーを持ってきたら見事に壊れてた (-公- ;)」

なんてぇぶつくさとつぶやきながらに、退院の日を心待ちに
畳一畳分の生活スペースにて、退屈な日々を過ごしているようです。

家でふぅふぅと胸苦しそうな父を数ヶ月間ずっと見続けていたので
実は病院にいてくれた方が、家族は安心だったりもするのです。


◇◆◇ 【自分】
ここのところ職場の一部でゴタゴタあり
すっかりげんなりぶーぶーの私でありました。

元気を失うと、途端にヤル気ゼロに急下降する私。

「こうであるべき。こうせにゃならん」 に縛られて
キュキュウのキュウのキュウ子さんに大変身です。

自分の無意識の領域を、余すところなく見せ(つけ)てくれる
この壮大な宇宙に・・乾杯。 ( ̄个 ̄)

とどのつまり、やっぱり自分なんだなぁ・・

ただ行動が、昔っからの習慣のみに根付いているため
ウマイ対処法が見つからないというだけで。

いろんな知識を ´知ってるつもり´ じゃ、だめなのですね。 ( ̄- ̄=)…


◇◆◇ 【効果ウスな小言明王】
朝、ちびこのふで箱を覗いてみたらば、短い鉛筆が数本だけ申し訳程度に入っており
消しゴムは無駄にデカイのがドンと2個も入っている。
おまけに鉛筆は、芯の頭が見えないほどに使えないレベルにまで達しているのに
削っていないときたもんだ。(しかもサスケのぼんやピンキーの噛み跡でボロンボロン)

「鉛筆削った?」 と昨晩聞いたところ
「うん。大丈夫」 と二度も答えたちびこさん。

(--) あ・・・? 

朝から 「うそつきーーーっ!」 と、雷鳴が轟きました。

ダンナさんに話すと
「見逃してやるのも優しさだよなぁ・・」 と、やんわり一言。

これはちびこの、私の日常茶飯な小言を
サラリとかわすためについた小さなウソなのでしょう。

まったく同じ頃の自分を眺めているようで、苦笑いったら苦笑い。



画像 707245707

◇あたちはな~んも考えてないわよ・・
もっとねこ族を見習うべきね♪


その通りっ!



この記事のURL | 平々凡々的日常 | ▲ top
ひと休み庵
2010/04/15(Thu)
329472.jpg


ここのところ、じたじたばたばたのバタ子さん。

父の入院にはじまって、ちょっとした疲労でダウン・・and so on。

休み時間の鐘が鳴っているようです。

ちょいとゆるりとひと休み、ひと休み♪


この記事のURL | つぶやきのカケラ | ▲ top
謎の影法師
2010/04/03(Sat)
201003271548.jpg



「お、、おまいは誰だっ!?」



オペラ座の怪人ならぬ、おっぺけぺの快人。 (゜∀。)


愉しき週末を~♪ って。またもう週末。 ( ̄  ̄)…


この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
存在
2010/04/02(Fri)
『存在』

存在


あなたは偶然の産物ではない。存在があなたを必要としている。
あなたがいなければ、存在のなかでなにかが見失われ
代わりをつとめることは誰にもできない。そのことが、自分がいないと
全存在が寂しく思うということが、あなたに尊厳を与えるのだ。
星や太陽や月、樹や鳥や大地——宇宙のあらゆるものが、あなた以外の誰かでは
けっして埋めることのできない小さな空白を感じるだろう。
これが、自分は存在とつながっていて、存在は自分の面倒を見てくれているという
途方もない喜び、満足をあなたに与えてくれる。ひとたびあなたがきれいになり、
澄みわたったら、あらゆる次元から自分に降りてくる途方もない愛を見ることができる。


【解説】
完全という蓮の葉に坐っているこの裸の人は、夜空の美しさを見つめています。
彼女は、「わが家」というのは外の世界にある物理的な場所ではなく、
くつろぎと受け容れることの内なる質だということを知っているのです。
星、岩、樹、花、魚や鳥たち―みんな、生のこのダンスのなかで私たちの兄弟姉妹です。
私たち人間はこのことを忘れがちですが、それは私たちが個人的なことがらを追い求め、
必要なものは闘って獲得しなければならないと信じているからです。
しかし、究極的には、個として分かれているという私たちの感覚は幻想にすぎず、
心(マインド) の狭い先入観によってつくられたものです。
今こそ、どこにいようとも「わが家」にいると感じる、その並はずれた贈りものを
受け入れるようにしているかどうか、見てみる時です。
もし、一方で、世間が自分をつかまえようとして躍起になっていると感じていたら、
ひと休みする時です。
今夜は外へ出て、星たちを見ましょう。

                                   **Osho 禅タロット**


この記事のURL | Osho 禅タロット | ▲ top
ちびこ語録
2010/04/01(Thu)
8392789.jpg


ウチのちびこさん。

漫画仲間なるお友だちと、日々漫画を描くことに
せっせと専心している次期小学3年生。

将来は、漫画家になりたいそうです。

「でもね・・ 『今は』 なんだよ。今はそう思ってるけど
また変わるんだろうなぁ。ずーっと同じ気持ちでいるなんてことは
絶対あり得ないよね。全ては変わり続けているんだから」

ぽつりと・・そうつぶやくちびこ。

記憶を封印して長いこと生きている大人よりも
生まれ落ちてまだ日の浅い、心の清らかな子どもの方が
忘れてないんだなぁ・・

そう思う瞬間が多々あるのです。 ^^



この記事のURL | 心の糧 --言の葉-- | ▲ top
| メイン |