2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ゆく河の流れは絶えずして
2008/01/07(Mon)
ゆく河の流れは絶えずして (声にだすことばえほん)ゆく河の流れは絶えずして (声にだすことばえほん)
(2007/09)
鴨 長明

商品詳細を見る


ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず
淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、
久しくとヾまりたる例-タメシ-なし。

世中-ヨノナカ-にある人と栖-スミカ-と、またかくのごとし。



図書館で借りてきた 『方丈記~絵本ヴァージョン』 です。

鴨長明。

あぁあ、なんだかどこぞやで、ちぃとばかし耳にしたことのある名前だね・・・ (ツ _ _)(ツ _ _)(ツ _ _)ツ =3

古典文学というと、うにゃうにゃした真っ黒い字ばっかで
こむずかしいイメージが漂いまくっていたのですが
この本は、きれいな挿絵と共に簡単に楽しめる絵本です。

無常観を、大河の流れに例えたこのお話。
昔も今も、思うことは同じで-

河の水は絶え間なく流れて、その水はもとの同じ水のままではない。
よどみに浮かぶ水の泡は、現れては消え、決して同じ状態ではない。
人も住処も、また然り。

人生もまた、大河に生まれては消えてゆく泡の如し・・・なのかな。

絶え間なく流れている人生。
紛れもない現実だと思いながら、ひとつひとつの場面を歯を食いしばってこなしてゆく。

でも、ちょこっと向きを変えて眺めてみたらば、それは儚い夢の如し。

目に見えるもの、見えぬけれども確かに在るもの。聞こえるもの、聞こえぬけれども響いてくるもの・・・
何がほんとで、ほんとは何なのか-

大海の一滴。
私たちは、本当は《ひとつ》がいろんな形に派生したもの-

とは言うものの・・・まったくの独りだと膝を抱えてみたり、
時々ふと、そんな気がしてみたり。

現実のうねりの中に生きている途上で、その全てを解するということは
なかなかに難しいことだとは思うのですが
この悠久の命の物語に、その一端を垣間見たような気がします。


この記事のURL | 心の糧 --本・物語-- | CM(4) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
こんばんにゃ♪

水の一生は輪廻転生を想わされるよね。
大海に出たあとは、水蒸気となり天へ還る。
そしてまたしずくとなって地上に降りる。

常に流れがあって、その流れは一定ではない。
その流れが作り出すものがあるものね^^
そうしてそんな流れの中で川も形を変え
風景も形を変えてゆく。

たった一滴されど一滴。
その一滴の集まりが海だもんねぇ。
その一滴の自分は何をしたらいいのだろうね^^
2008/01/07 20:05  | URL | あお #-[ 編集] ▲ top
-  -
素敵な本ですね~。

人生って、大変な時は無我夢中で。。。
後で思い起こすと、
大切なメッセージ&成長を促してくれていたんだ!と気がつきます。
その時はね。。。

でも、後でも先でも気が付くことが大切なんではないかと思う今日この頃です^^
2008/01/07 21:50  | URL | けいこ #-[ 編集] ▲ top
-  -
◇あおさん

にゃにゃちわ♪

>たった一滴されど一滴。

まことに。
儚き一瞬の夢だからとて、何気なく生きてしまっては
水面ミナモの泡も成仏出来んぜよ、つう感じで。

暗黒ブラックホール時代、精神世界に救いを求めて入門したての頃は
なんだろね・・・文章化された壮大な人生の至極シンプルな
カラクリみたいなもんに えらく感嘆しながらもね、
精神世界を生きるって、隠遁生活を送るよな
ちょぴっと浮世離れな感じも否めなかったんだけれど・・・

そんな時代を経て今 思うこと。
大河の一滴として~今在ることを全魂込めて、精一杯にこなすことが
清き流れに繋がってゆくのでしょうね。
同じ流れのいきなり上流を目指したっても
結局は、同じ水の一滴だもんね。

どこにいたって、それは変わることはないんだろうね。

あおさんはチグリス川、そして私はユーフラテスっと。
(↑↑↑ 知っている限りの知識を振り絞りまして候v-46)
2008/01/08 11:33  | URL | ∞月のしずく∞ #apf95QgM[ 編集] ▲ top
-  -
◇けいこさん

こにゃにゃちは♪

>その時はね。。。

ほんとにね。
何かあるたびに、それって何を言わんとしているのかと
一生懸命考えたりもするんだけれども
考えているうちは、ただただ混乱するばかりで-

忘れかけた頃にふいっと軽やかな感じで、
浮かんでくるのですよねぇ。(・ω<)ソウソウ

ひとつ何かが起こるたびに、ひとつの何かを身に付けて(思い出し?)・・

まっとうな道に戻るためには、一体あといくつの何かを
思い出せば良いのだろうか。

気が遠くなりそうだね・・・ (゜∀。) ピャー
2008/01/08 11:46  | URL | ∞月のしずく∞ #apf95QgM[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://crescentrose.blog92.fc2.com/tb.php/125-66cf944a

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。