2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
繋がる思い
2009/02/23(Mon)
昨日、おじさんのお話を終えた後に
命について考えました。
(後日談:おばさんが手土産片手に 「ごめんなさいね」 と謝まりに)

今まで生きてきた時間よりも
残された時間の方が短い、父とおじさん。

生きている私たちは、何事かが起こったことの意味を
生きているうちに消化して、真を実感することが出来るのだろうか。

つらつら思っていた時に電話がリン。
通所介護の新職場から。
今週から仕事始めの予定だったのですが
「事業所主のお父さまがお亡くなりに。
小さな事業所ゆえ、お葬式など諸々多忙になるため
来週からに延期してもらえませんか」 とのことでした。

最近お亡くなりになった前職場の先輩のお父さま。
自分をなくしてまでも人さまのために尽くし
バリバリと働いてきた人望厚き、その先輩からのメールが届く。

「大好きな父が亡くなって見えない世界を信じるようになりました。
しずくさんと、そういうお話がしたい。
残り少ない人生、自分のために生きてゆこうと思う・・仕事辞めるよ」

最近、ウチの魚たちは泳ぎ回る体力もなく
底に沈んだまま、浮き上がってエサも食べることが出来ない。

今までは、おたまに入って浅瀬でなんとか食べてはいたものの
二匹揃って、今朝からそれもままならなく・・

車で走っている途中
道路ではねこちゃんのほんとに悲しいお姿が。

そして大好きなおともだちの処におジャマしてみたならば
かわゆいねこちゃんの悲しいお知らせが。
おともだちも死について思うことがあり共時が続いていた・・とのこと。



またまたメールがリリンのリン。
数年前、大癌患い大手術をした実姉からでした。
強靭な気力を持つサイボーグ的実姉。

「毎年恒例検査入院。結果はオール
先生が 『奇跡だ』 とポカンとしていた」

周りでざわざわと、生と死が渦巻いている。

生きているうちに、生きる意義、そして死ぬことを問うても
答えはきっと風の中。
知って意識が変わった後も、生は何一つ変わらぬまま
ただそこにあって、その灯火の消えるまで続いてゆく。

悟るまえ、木を切り水を運び
悟ったあと、木を切り水を運ぶ


間違いなく言えることは・・死を間近に感じるたびに
コマ撮り送りの瞬間の積み重ねの《今》を
大切に生きてゆこうと思うのです。

この記事のURL | つぶやきのカケラ | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。