2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Libera の歌声に乗せて-
2009/05/11(Mon)



世も浮かれ、心浮き立ち始めたGW初日の朝-

ぐりがお空に旅立ちました。

突然のことで数日間は茫然自失・・
ぽっかり心に穴が開いたようで、何を見ても何をしてても
とめどなく涙が溢れ出て来ました。

今はもう大丈夫。
ぐりの、おとぼけおっぺけぺーっぷりを思い出しては
笑い話に~ (^ー^)ノ☆*.。

思えば・・
前日の夕刻に、テケテケねこ劇場の舞台で
突然の夕立に見舞われ、ぐりはお腹で大きく大きく
いつもとは違う呼吸を数回繰り返していました。

「変だな・・」

雨が上がったその足で、最近は滅多に来ない
玄関先までひょっこりと姿を見せたぐり。

ちびこが抱きかかえて
「ほぉら、ぐり。ここがみんなのおうちだよ」 と
玄関を開けて、ぐるっと家の中を一望。
ぐりはキョロキョロと、中をくまなく見渡していました。

ダンナは数日前から、ぐりを見るたび
「毛並みがわりぃなぁ。一回り小さくなった」 を繰り返し・・

そしてその朝。

車庫の入り口の片隅で、ひっそりと息を引き取っていました。

そういう時、猫は自分の姿をくらますなんて聞いてたのに。

家族しか立ち入らない場所で 「ここにいるよ」 なんて
さりげなくアピールするあたり、甘えん坊のぐりらしいなぁ・・まったく。

前日もきっと何かを告げたくて、挨拶しに来てくれたのでしょう。

その日はぐらも七海ちゃんも、心なしかソワソワしていました。

七海ちゃんも、滅多に来ない玄関先でウロウロウロ。

今はだいぶ落ち着いたようですが
しばらくは朝夕に、ねこ劇場の舞台上☆ぐりの定位置に
二人揃って何をするでもなく静かに座っていました。

ぐらは相当ショックだったようで・・
まだ毛並みはボサボサ、なんだか元気がなさげです。

「大丈夫だよ、守ってあげるからね」
会うたびにそう伝えています。

ウチが一望出来る、緑と花の溢れる小高い丘の麓に
ぐりは静かに眠っています。

命の循環-

3年ほどの、この世での命は短かったような気もするけれど
自然な姿に戻っていったのだ。
そしてぐりの命は私の中にも根付いている。そう思えば悲しくはない。
命は永遠に続いてゆくのだから。

ノラちゃんだったのに、抱っこが大好きで
スーパー甘えん坊で遊びん坊でハナスピーだったぐり。

ぐりたちが来てくれたおかげで
家族揃ってねこにゃ大大大好き族に変身したんだよ。 (^-^)

お疲れさま☆本当に本当にありがとうね♪

gri08.jpg

gri07.jpg

gri09.jpg

この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。