2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
自然のチカラ
2009/06/11(Thu)
garasu.jpg

最近、ちびこの病の具合がよろしくなく
血小板が減っている印の、大げさなほどの青アザ絶えなく
小さな赤い出血斑が、ところどころに見え隠れ。

鼻血が出ると、ものすごい勢いで2時間近くはぶーぶーと出続けて
ティッシュが ひと箱なくなってしまうほど。

元気に登校したと思いきや、学校から職場へと電話あり
引き返すことしばしば・・

こりゃあマズイね・・つうことで、定期受診の日ではないけれど
いざいざ病院へ、ゴーゴゴー。

昨秋からは薬を飲んでいない ちびこさん。

血小板の基準値:15~30万ほどのところ
薬を止めてからは、4~5万あたりを行ったり来たり。

遂に、3万を切ってしまいました。

2万を切ると、目には見えない身体内での出血が懸念され
危険な状態に。

ほいでもって、自分を攻撃する抗体の数が超ドドド級に増殖中・・
本来なら自分を護ってくれる兵隊さんが自分を攻撃しちゃうんだもの。
血小板も減っちゃうわけだよ、ちびこさん。

「ステロイド、再開しましょうか」

Dr.の一言で、ステロイドの錠剤をまたまた
たんまりと飲むことになってしまいました。

ステロイド。
副作用の心配される強い薬なのだそうですね。

しかしながら、これを飲んだからといって
根本的に治癒することは、まずないと。

あくまでも今の状態を乗り切るための、対処療法の域。

『病は気から』 の言葉のごとく
これは、ちびこの奥底に眠っている精神面にはじまって
関わる全ての人にも関連のある 《症状》 なのでしょう。

病って・・
その症状を抑えるための治療だけでは完治しないのだと思います。

それに関わる身体の細かなパーツ、心の状態や生きている背景など
全てをトータルしたものを見渡して、全身からその病んでいる部位を眺めてゆく。

Max から Minimum へ。

そして治すことが目的なのではなく、その病を抱えて辿る経過が
いの一番に大切なのかもしれませぬ。

しかしながら、薬にて体に負担をかけつつも治る見込みのない病。

医学で治すことが出来ぬのなら、代替療法はどうだろか。

ホメオパシー、ハーブ。

人工的に作られた、局所に効く爆弾よりも
総合的に癒す力を持った、森羅万象に存在している何か。
そのパゥワァを頂くことは、出来ないのだろうか。

最近 副作用で、ぷっくりぷくぷく恰幅のよろしくなってきた
ちびこさんを見て、ふとふと そんな風に思うのです。


この記事のURL | 人生の選択 --病-- | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。