2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
一人≠孤独
2009/08/02(Sun)
ウチのちびこさん。

夕飯時に学校でのお話をするのですが

「今日は図書室でオニャララの本を読んできた」
「運動場で一人で虫を追いかけた(楽しそうに)」 ・・・

「お友だちと○○で遊んだ」 てな話を聞くのは、ごくたまに。

聞くと、お友だちと遊んでいないワケではなさそうなのですが
「一人が気楽でとっても好き」 と言うのです。

「ちびこは皆と仲良く溶け込んで遊んでいるのかな」

仲良く遊べるお友だちがいないのではないか・・
ダンナ共々のそんな心配を胸に
夏休み前の面談の際、担任の先生に伺ったところ

「ちびちゃんは自分の世界を大切にする子です。
かといって、クラスで浮いているとか孤独というのとは違います。
何かの折には皆と仲良く溶け込んでますし、周りもちびちゃんの
性格を知っているため、ちびちゃんが一人でいる時は
その世界を侵さないようにしているように見受けられます」

安心しました。

人と連れ立っていないと不安でならない傾向のある女の子の中で
自分なりの世界観を持って、一人でいることの心地よさを知っているちびこ。

先生は授業の中で 「学校が楽しい人?」 と
各々目をつぶらせて手を挙げてもらったところ
いつも何人かで行動している女の子のグループの数人が
手を挙げなかったそうです。

「傍から見ると、楽しそうに見えるんですけどね・・
いつも大勢の中で共に行動しているからって´仲がいい´というのは
全く違うんです」

そう、先生は仰っていました。

(そんな勘違いをしている大人も多いのでしょうね、きっと)

ちびこは張り切って、ピーンと思いっきり手を挙げたそうです。

一人だからといって´孤独´だと思い込んでいた
その見識の狭さをひたすら猛省-

抱え込んでいた思い込み・・固定観念てぇのを
ひとつ、手放すことが出来たような気がします。

子どもは親が思っている以上に、たくましく強く生きているようです。

誰であれ、出会う人全てが自分に大切な学びをもたらしてくれるのですね。
特に一番近しい家族から学ぶことは多く・・
´子ども´といっても、魂年齢から鑑みたら一体どうなのかな・・

そんなことをつらつらと感じた出来事でした。


この記事のURL | 家族ワイド劇場 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。