2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
魔法の学校
2009/08/03(Mon)
エンリケ・バリオスの魔法の学校 (超知ライブラリー)エンリケ・バリオスの魔法の学校 (超知ライブラリー)
(2005/04/19)
エンリケ・バリオス

商品詳細を見る


今、読んでいる本です。

最近、図書館から本を借りてくるも なぜか途中で読む気が失せてしまい
1冊の本すら読破することが、なかなか出来なかったこの私。

着々と読み進めております。

この地球道場にいる私たちを頑なに縛り付けているブロックを解くべく
軽妙な言い回しで、真理を示唆しているこの本。

・繊細なものと粗野なものを識別する努力
・魔法において全ては選択、そして自由意志の尊重・・
 たとえ苦しみであっても神はそれを選ぶ人を尊重する
・お城の地下室にいる私たち-私たちは上の階にあるさまざまな部屋を知らない
・自分の外で起こる事件や事故は、その人の内面を反映したもの
・ここでも、そしてあの世でも、人は皆 一人一人が自分の想像しうる宇宙に住んでいる
・意識について-私たちは自分の意識の水準に存在する
・究極の自分の 「作品」 とは-


いかに自分が狭い世界の中で生きているのかを
思い知らされた1冊でした。

真理は実に単純明快この上ないのに
いともたやすく実行できないのはなぜだろう・・

それは、恐怖が根源にあるのでしょう。
気が遠くなるほどの幾年月をかけて、身に染みついているこの恐怖。
変わることを望んでいても、知らない世界は怖いと感じる・・

すべては振動なんだ。
正しい振動を送らなければ何も起こらないし、具体的な行動で示さなければ
やっぱり何も変わらないよ。


他人に魔法をかけてもらって、自分を救うことなぞ出来ない。
自分には、自分を創り上げる責任てぇものがあるのだと思います。

魔法とは・・
ワンドの杖を一振りするだけではなく、エゴと真の声を識別して
自分が自分と調和する努力とか、純粋な心を保つ努力なんぞは
今の意識でいる限りは必要なことのようです。
この、神の遊戯の元にあっては-

ねぇキミ、ちょっといいかな。その顔やめてほしいんだけど。
首を落とされた羊と初日の新入社員を合わせて二で割ったようなその顔・・・。
もっとのびのびと、リラックスしなよ。


あまり深刻になり過ぎず・・笑顔も忘れちゃいけないのべし☆


この記事のURL | 心の糧 --本・物語-- | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。