2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
命の輝き
2009/09/06(Sun)
「生きとし生けるものは全て、その形が無くなる前に
一瞬、最高の命の輝きを見せてくれるんだって」

母が言いました。

満月だった昨日-
ぐらがぐりの元へと旅立ちました。

戻ってきてくれた日からは、見違えるほどに みるみる元気になり
「あぁ、もう大丈夫だ」 そんな風に思っていた矢先のこと。

ぐらはありったけの力を振り絞って
その素晴らしい命の輝きを、私たちに見せてくれたのでしょう。

明け方迫る薄明闇の中、ぽっかりと浮かんでいた まんまるのお月さま。

数日前からぐらが連れて行かれちゃいそうで
お月さまが気になっていた私。

「お月さま。どうかまだ、ぐらを連れて行かないでね」

そんな願いも虚しく、爽やかな秋風の吹き渡る あたたかな昼下がり
ぐらは静かに息を引き取ったそうです。

新月とか満月の時には、生死がかかわるとはいうけれど・・
本当にお月さま、ぐらの助をお空に連れて行っちゃった。

私は仕事で不在でしたが
母屋@父と母、そしてちびこのいた、あたたかな温室で。

動けない、鳴かない、食べられない。

明け方から様子がおかしいと気づいた母はずっと
ぐらの傍にいてくれたそうです。

そして亡くなる一時間前、ちびこがぐらの手をぎゅっと握りしめると
ぐらもぎゅうっと握り返してくれたそうです。

もしかして・・ありがとうの印だったのかな。

「とにかく体を温めてあげて」

体温がどんどん下がっているぐらへの、病院の先生からのメッセージ。

寝床にはカイロを敷き詰め、そして エネルギーが満ち満ちてゆきますようにと
真っ赤な色に願いを込めて、ムック (ガチャピン&ムック) のお顔がデデンと
プリントされたお洋服を着ていたぐらさん。

亡くなる直前に、人知れずそっと脱いでいたのだそう。

そんな力が残っていたとは到底思えない。
しかも脱げないように、マジックテープでしっかりと身を包んでいたはずなのに。

ぐらの頭の方がおっきくて(ぐらさん、失礼・・)、首周りの方がちっちゃくて
マジックテープもそのまんまで、服が乱れた形跡は一切なかったのに。

「オイラはもう行くよ。洋服は返していくね」

そうつぶやきながら、置いていったのかもしれません。
( or 「こんな服じゃあ、ぐりに笑われちまうよぉ@兄の威厳」 か?? ^^; )

ただひとつ悔やまれるのは

「今日の仕事が終わったら、ゆっくりぐらとお話しよう」

父と母が傍にいてくれる母屋に移った安心感から
そんな風に思ってしまって・・昨日の朝は、ぐらに会いにゆかなかった私。

せめて私の腕の中で、息を引き取って欲しかったな・・

ダンナさんに (またもや)大泣きしながら、そんなことを話すと

「なに言ってんだよ・・おまえが一番ぐらと話してたじゃないか。
オレも今度の休みの日に、ぐらに会いに行ってあげようと思っていたのに」

脳まで冒されて歩くこともままならなかったのに
わが家のエントランスのド真ん中へと戻ってきた不思議。

ぴったりと着ていた服を一糸乱さず、脱いでしまっていた不思議。

目には見えない存在が、それを成したとしか思えない。
(さては、ぐりの助さんや。おまいさんの仕業かい?)

ぐらは今、わが家を見下ろすテケテケねこ劇場@緑生い茂る小高い丘の上で
生前は片時も離れなかった、弟のぐりの隣で静かに眠っています。

ぐりは大喜びだろうなぁ☆
ほんとにぐらのことが大好きだったから♪

今頃は苦しみからも解き放たれて、自在に変化しながら
虹の橋 のたもとで まずはぐりに再会して・・
お空を自由気ままに飛び回っていることでしょう。

お月さまは、勝手に連れて行ったのじゃない。
ぐらを苦しみから救ってくれたのですね・・きっと。

ぐらも、満月の日に この世とさよならするなんてぇ
まったく粋なことをするじゃあないかよ・・

命の限り、精一杯を尽くしてくれたぐら。
私たちは、その恩に報いることが出来たのだろうか。

いろんな思いは去来して-

私たちに´愛´を教えてくれたぐらちゃん・・本当にお疲れさまでした。
心からありがとう。ずっとずっと愛しているよ♪

あ。テケテケねこ劇場@外ノラ劇団座長のぐらさんや。
大切なことを忘れてぇたよ。
外ノラ劇団員は七海ちゃん一人になっちゃったよ。
女ピン芸人に路線変更するのかえ?それじゃ、あまりにも寂しすぎるから-
もしもまた生まれ変わってくるのなら・・ぐりと二人でおうちにおいで。 (^ー^)ノ☆*.。


gra11.jpg

gra12.jpg

gra13.jpg

◇↑↑↑ ぐらといえば・・外せないのさ、この写真。 ⌒゚(´ー`)゚⌒


** とても心配してくださり、お便りをくださった私の大切なお方-
その優しさは、心の隅々まで染み渡りました。
心より・・ありがとうございました。 私はもう大丈夫です。 ^^



この記事のURL | テケテケねこ劇場 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。