2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
 『 バーバの教え 』 第Ⅱ幕
2007/07/03(Tue)
あるとき、一人の男がいて、世界中で何よりもある二つのものが大好きだった。
その一つは自分の息子で、もう一つは一頭の子馬だった。
ところがある朝、その男が起きてみると、子馬が逃げてしまっていた。
そしてみんなで探しまわったが、どこにも見つからなかった。
「 まったく不愉快なことだろう 」 とそれを聞いた近所の者が言った。
しかし、その男は心静かに見えた。
「 まだ終わったわけではない 」 と彼はつぶやいた。
次の日、その男が起きると、子馬が戻っていたばかりでなく、
一頭の白い華麗な種馬をつれてきていた。それを知った近所の者は
「 すごく嬉しいだろう。子馬も戻ってきたたし、その倍も美しい馬が
  手に入ったんだから 」
しかし、その男は静かな様子でこう言った。「 まだ終わったわけではない 」
次の日、息子がその種馬に乗っていると、落馬して足を折ってしまった。
痛みにうめく息子が家に運ばれてくると、近所の者は言った。
「 なんてひどい事故なんだ。かわいい息子が怪我した姿を見て、
 本当に胸が痛むことだろう 」
しかし、その男は静かな様子でこう言った。「 まだ終わったわけではない 」
次の日、軍隊がやってきた。彼らは青年たちを全員戦争へ連れて行こうとしたが、
その男の息子が足を折って横たわっているのを見ると、兵士たちは
そのまま彼を残して去っていった。近所の者は急いでやってきてこう言った。
「 なんと幸運なことだ。おまえの息子以外はみな戦争に行かなければ
 ならなくなったのに 」
しかし、その男はただ肩をすくめた。
そして 「 終わりはけっしてない 」 と言った。
                           

バーバの教え―すべてをつなぐ魂と宇宙の法則 バーバの教え―すべてをつなぐ魂と宇宙の法則
ディーパック チョプラ (2006/02)
ダイヤモンド社

この商品の詳細を見る


この例え話に対して、バーバはこう付け加えています。

近所の者は思考で、父親はたましいだ。思考はつねに人生の浮き沈みに狼狽する。
しかし、その浮き沈みはけっして終わることはない。それが人生というものだからだ。
今日が明日のもたらすことを約束することはできないのだ。だが、
すべてのものが変わっても、おまえのたましいは変わらない。
変化するためにそこにあるのではなく、それは
自分の中に不変の部分があるということを証明するためにあるのだ。
船乗りたちはかつて遠くへ航海することを恐れた。
それも北極星を見つけるまでのことだった。
たった一つの星が一定の場所にあるというだけで、彼らは恐れることもなく
遠方へ航海することが出来た。今度 北極星を見たら、
心がどんなことを心配していても、自分のたましいはけっして動くことも
変わることもないということを思い出すのだ。

+~+*+~+*+~+*+~+*+~+*+~+*+~+*+~+*+~+*+~+*+

私なぞは思い込みがかな~り激しい方で、何かの出来事にぶち当たると
「 あぁあ・・・やっちゃったね。もう、お先真っ暗だよ。┏|*_ _|┓ 」
なんて一人でわたわたしてしまい、即座に勝手に自己完結しちゃうクチなのですが。
(エジプトでの過去世にて、膨大な情報量の巻物をその場でざざーっと読んで、
バッと理解し、瞬時に要約して人々に伝える仕事をしていた名残ではなかろうか。。
とのヒプノ談あり ^^; )

この話を読んでからというもの、全て起きる出来事はどこかに繋がっている~
そんな確信を得たような気がします。

真の自分というものは、外界のゴタゴタに巻き込まれたとて
それが傷つくこともないし、その存在が危ぶまれることもない。
平然と、ただそこに在るというだけで。

そして、起きる出来事の全ては完璧なタイミングで動いているという事実。

「 この出来事は何に繋がってゆくんだろうか 」

いたずらに悲観することなく、全ての出来事を達観出来るようになれたら
よいのになぁ。。そんな風に思います。

あ。それがでけたら、もうここにはいない? (。☉౪ ⊙。)


この記事のURL | 心の糧 --本・物語-- | CM(3) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
結局のところ、外に現れるものは全て自分の内側の結果、これに尽きるんでしょうね。

望まない状況があるなら、必ず同質のものを自分が発しているのです。

「日々精進」と言いたいところですが、そんな修行僧のような辛気臭いことは楽しくないし…(笑
《不足》から始まる幸福探しは、何処まで行っても足りないモノ探しになる。


ま、取り敢えず、日々Happy♪d(⌒0 ⌒)b♪を実践中!(昨日から…)

2007/07/04 15:03  | URL | ヒロリン #-[ 編集] ▲ top
-  -
連コメ失礼(^^ゞ

サラ・ブライトマンの「ラ・ルーナ」買っちゃいました~♪(わはははは)

これで魔除けはOK!っと(ぇ

2007/07/04 15:06  | URL | ヒロリン #-[ 編集] ▲ top
-  -
◇ヒロリンさん

そ。スピなる本は数あれど、何を謂わんとしているかって
とどのつまりはそういうことで。

つか、仰せの通り、それに尽きると思うのです。

なので、(望んでいないと感じている)現実を嘆いてみても
な~んもはじまらないワケで。
人のせいとか、世の中のせいとか、とにかく何かのせいにしてしまうとか
その状況を改善するために、外に何かを求め続けることは
全くの本末転倒だと感じるのです。
(えー…、この度自分、心を改めまして)

己の内をよく見つめる。

見つめて愛してじゃじゃんじゃん。
て。これが出来ればもう仏陀だから。 (ノ∀`)σ

>(昨日から…)

控えめに付け加える辺り、
トキオなでしこなヒロリンさんの奥ゆかしさを感じます。 Σ(- -ノ)ノ

>魔除け

`,、'`,、'`,、癶(::`ж ´*::)`,、'`,、'`,、
ぶふふふふふー!

すこぶる素敵な響きです。 。゚(゚ノ∀`゚)゚。

( 私も買っちゃったもんねぇ~、Light & Love♪ ヾ(*>∀<)ノ゙ )
2007/07/05 05:51  | URL | ∞月のしずく∞ #apf95QgM[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://crescentrose.blog92.fc2.com/tb.php/38-e1ee1377

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。