2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
 フォーカシングⅡ
2007/07/15(Sun)
  だいぶだいぶ前の記事の補足なんぞをひとつ。

フォーカシング について。


フォーカシングとは、自分自身の内的体験と友だちになるようなもの。

『 内的な自己と良い関係を築くこと 』

そのために大切な要素とは
認めること、許すこと、忍耐すること、好奇心を持つこと、尊重すること、
温かい気持ちを持つこと、歓迎すること、共感すること、思いやりをかけること、
愛すること。この´友情´を一歩一歩確実に築き上げてゆくこと。


変化は一歩づつ、小さな気づきという形で訪れます。

①フォーカシングは、からだの内側、とくに喉、胸、胃、下腹の辺りに注意を向ける
 ことから始めます。
②感じを無理に見つけようとしたり、何かを引き起こすようなことはしません。
 「今、自分の注意を求めているものがあるかな」 というように、やさしい気持ちで
 自由に答えられる形の質問をして、何か感じが出てくるよう誘ってみます。
③ある感じに初めて気づいた時には、それに 「こんにちは」と心の中で挨拶をして
 その感じがそこにあるということを確かめ、それから、それを描写したり名前を
 付けたりします。
④フォーカシングの次の段階では、その感じのことをもっとよくわかろうとして
 「これは何だろう」 というような好奇心を持った態度で腰を下ろして、それと一緒に
 いるようにします。
⑤その感じから何かもっと意味が伝わってくるのをゆっくりと待ちます。何か感情を
  表すような言葉が出てくることが多いのですが、その言葉とこの感じがぴったりか
  どうかを確かめます。
⑥急がないでゆっくりとやっていきます。身体の内側にプレッシャーのない、
  ゆったりした雰囲気を作って、ただそこにある感じと一緒にいます。
  その感じが何かもっと伝えてくれるといいなぁと、誘うようにやさしく問いかけます。
⑦からだに宿されている意味は、時には記憶とか信念や態度、まだかなっていない
  要求、自分自身のまだ見えていない部分などと関係していることがあります。
  それらの問題を「直したり」「解決しよう」とする必要はありません。
  そのメッセージに気づくこと、それを心から聴いてあげること。
  それだけで深い解放感がもたらされるのです。
⑧ゆっくりとそのときの気持ちを尊重して終わりにします。自分のからだに感謝して、
  また戻ってくることを伝えます。

新しく生まれた肯定的な感じは、どんなに小さくても宝です。
また、自分が生まれ変わって解放されたような、大きな変化を
感じられることもあります。
あなたは本当に変わったのですが、しばらくの間は、今までなじんできた古い様式も
新しいものと同居しています。
古い様式で生きていた頃はどうだったかを想像してみましょう。そして今だったら
どんな風に感じるか、どう行動するかを注意してみてください。
一番大事なのは、からだが今どう感じているかに気づくこと、そしてからだが
どう変わったかを感じることです。
その感じがあなたのからだの骨身にまでしみわたってしっかりと根づいたと
感じるまで、変化したその感じと一緒にいてください。

+~+*+~+*+~+*+~+*+~+*+~+*+~+*+~+*+~+*+~+*+

この技法を知ってからというもの、日常茶飯、意識的に行っています。

自然に湧き起こって自然に消えてゆくのを待っていた感情。
時には押さえつけようとしたり、「そんなことはないよ」と跳ね除けようとしたりもして。
どちらかといえば、持て余すことの方が多かったよな気もするこの感情というヤツ。

この声を聴くにつれ、「ほぉ~。そんな風に考えてたんだ、自分」 とか
「本当はこうしたかったんだね」 なんて、表には表れて来なかった深いホンネの部分が
ゆっくりと浮き上がってくるのを感じます。

この感情を見つめ直すことが、豊かな人生のはじめのい~っぽ♪なのですね。

『 自分の声に真摯に耳を傾ける 』

自分自身と向き合うこと。とことん自分を感じてみる。

全ての始まりは、ここからだと思うのです。 。o.゚。(。-ω-人-ω-。)。o.゚。


やさしいフォーカシング―自分でできるこころの処方 やさしいフォーカシング―自分でできるこころの処方
アン・ワイザー コーネル (1999/09)
コスモスライブラリー

この商品の詳細を見る
この記事のURL | 日々是実践 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://crescentrose.blog92.fc2.com/tb.php/47-28d8e400

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。