2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日常オムニバス -秋深くもの思ふ篇-
2010/10/21(Thu)
◇◆◇ 【友だち定例会】

2ヶ月に1度は開いている、地元の友だちとの定例おランチ会。

家が近所でよく遊んだり部活が一緒だったりと
学生時代までは仲良き付き合いがあったものの
大人になってからは疎遠に・・

ひょんなことから再会し、ご縁がご縁を呼んで
愉しき会を定期的に開いています。

昨日の会は、いつものおもしろ話の他に 「生死」 について
深く語りこましました。

重篤な病気に侵されて、残り僅かな余命を告げられたとしても
健康で長生きする人と、大差ないのではないだろか・・

だって・・
命の長短はあるにせよ、生きとし生けるものは皆 必ず死を迎えるのだから。

大切なのは、生きた時間の長さではなく
今をどれだけ精一杯に生きたか・・ということだよね。

そんな結論でお開きになった定例会。

考えさせられました。


◇◆◇ 【職場にて】

今日出勤すると、申し送り帳に ´○○さん、要観察´ と書いてあります。

重度の認知症ながら、身体的には非常に安定されていたお方ですが
先週末に突然、歩けなくなり食事も摂ることが出来なくなったのだと。

病院に行っても 「状態が落ち着けばまた、元の状態に戻るから大丈夫」 と
詳しい検査もせずとのこと。

お年寄りが ´元の状態に戻る´ ことは、ほぼ考えられないこと。
機能が低下していくか、現状維持の世界で生きているお年寄りに対して下した
この医師の診断に、かなりの疑問が残ります。

今日も利用されたのですが、首も据わらず体は硬直したまま。

意識はハッキリとされており
「医者は 『どこも悪いところはない』 って言うけど・・ほんとかな」
不安を訴え続けます。

明らかに数日前までとは一変したこの状態。

お年寄りでなくとも、私たちでも明日は・・いえいえ、次の瞬間は
今と全く違う状態かもしれない。

しかしこれが、当たり前の日常なのでしょう。


◇◆◇ 【ねこ】

先日のジュルちゃん、そして 私の大好きなお方 のところでも。

2ヶ月以上も前に行方知れずになってしまったねこちゃんが
奇跡的に戻ってきた矢先のことだったそうです。

涙、涙・・

そして職場の利用者さんのお宅でも-
先月にご主人を亡くされて以来、久しぶりの利用だったそのお方。

タラちゃんという20才のねこちゃんを飼っていたので
近況を伺ったところ

「死んじゃった・・主人の後を追うように・・
でもね、ウチに居ついたノラが3匹も赤ちゃんを産んだんだよ」

涙、涙、涙・・

この数日、ねこちゃんの訃報が立て続けに舞い込んで来ました。

探していたねこちゃんが戻ってきたのと同時に、亡くなったサスケちゃん。
20才の命を全うして亡くなったタラちゃん、そして新たな命の誕生。

生と死。死と生。

ご冥福をお祈りしますとともに
お世話をされている方々のお心が優しく癒えますようにと
心からお祈り申し上げます。


**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**


ここのところ、身近に続いた生と死の物語。

当たり前の日常に飲み込まれて、忘れていた大切な何かを
思い出すきっかけを与えてくださったのだと思います。

´本当のところ´ に心を置き、自分らしく
このかけがえのない生を全うしようと、改めてそう思いました。

この記事のURL | つぶやきのカケラ | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。