2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
姉から・・愛
2011/02/21(Mon)
8466051.jpg


先日、お江戸の姉から小包が届きました。

ちょっとした、こ洒落たお菓子とサンキューカード。

「ハテ?ねえちゃんに、なんかしたっけっかな?」

そう思いつつ、カードに綴られたきっちりと几帳面に並ぶ
小さな文字を目で追います。

この2月に5年目の検査入院をして、今日最後の外来だったよ。
結果はもちろん 「オール OK」!

「5年以内に8割は再発する可能性あり」 なんて言われてたのに
何の兆候もなかった。

もう大丈夫だよ、安心してね。


ステージⅣ b。

直腸、肝臓、子宮、胆嚢・・臓器をごっそり切除する癌からの生還。

以降、毎年の検査にて担当Dr.から
「『あれほどの状態から、今何事もないのは奇跡だ』って、毎回そう驚かれたよ。 ^^;」
苦笑いを含みつつ-

早いもので、もう5年が経ちます。

その間に同じ病で、叔母さんはたった数年の闘病の果てに亡くなりました。

寿命ってなんだろな。

姉はまだ、この世でしたいことや学びたいことが
まだあるのでしょう、きっと。

人間、いつかは命果てる時は来るのですが・・

時に自分を見失ってしまったり、自分を取り巻く風景に翻弄されたりと
日々息をすることに精一杯で、余裕なんてなくなってしまうこともしばしば。

大切なのは、人生を活き切ること。

受け身で、ただ流されるままに生きるのではなく
与えられた生を噛み締めながら、能動的に意志を持って
この人生を活かしてゆくこと。

病を淡々と受け入れ、静かなる闘志を持って果敢にそれに立ち向かう
姉を見ていて、そんな風に思いました。


この記事のURL | 人生の選択 --病-- | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。