2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
見えない鳥かご
2007/08/26(Sun)
『 理解 』

zen031Understanding.jpg


あなたは牢獄から出ている、鳥かごから出ている。
あなたは翼を広げることができるのだ。
ただ、この鳥かごへの執着を落とし鳥かごから出ていくだけで
空全体があなたのものになる。
翼を広げ、鷲(わし)のように、太陽を横切って飛ぶがいい。
内なる空では、内なる世界では、自由にこそ最高の価値がある ??
花は数えきれないほど無数にある。
だがそれらはすべて、自由という風土のなかで咲くことができる。

【解説】
このカードに描かれている鳥は、鳥かごのようなもののなかから外を見ています。
しかし、それには扉もついていませんし、事実、柵も消えかけています。
柵は幻想だったのです。そして、ほかの鳥たちの優美さと自由、励ましによって、
この小さな鳥は出てくるように呼びかけられています。
翼を開き始め、まさに初めて飛び立とうとしています。
鳥かごはこれまでずっと開かれたまま、空は私たちの探険を待ち受けていつも
そこにあったのだ
という新しい理解の曙 ??
それは、初めのうちは私たちをちょっと震えさせることもあるでしょう。
それでいいのです。震えてしまうのは自然なことです。
しかし、その震えのすぐそばに差し出されている軽やかさと冒険を
体験する機会を曇らせてしまわないようにしましょう。
この時期の甘美さと優しさと共に進みましょう。
内側の羽ばたきを感じてください。自らの翼を広げ、自由になりましょう。

                                   **Osho 禅タロット**

+~+*+~+*+~+*+~+*+~+*+~+*+~+*+~+*+~+*+

あるある・・・
本当は思いのままに動くことが出来るハズなのに、枷カセがあるのだと思い込んで
躊躇してしまうことって。

昔受けた心の傷においても、似たような場面に出くわしてしまうと
同じ結末を予想してしまって、動きが取れなくなってしまうことって。

こういうことって往々にしてあるかも―

Жクモ大ニガニガ苦々 な私。

5才の記憶を引きずって、実家の玄関で靴を履く時にはいまだに緊張するし
家の小窓を開けるときには、Жヤツがいやしないかとビクビクしてしまうクセが
しっかり根付いてしまったし。 ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ ЖЖЖ ))))) サササノサ

Жクモ のみならず、心の風景全般―意識的でも無意識的でも―
人って、見えないものに怯えてしまうんだなぁ・・・
そこから先の可能性を剥ぎ取ってしまうのだろうなぁ。

「わかっちゃいるけど、やめられない」 つうのがホンネのとこではあるのですが~
なんだか一度きりの人生、かなりモッタエナイ気がしてきました。

鳥かごはもう、そこにはないのだから。 ・。*゜。*・(o^ー')b 。*・゜:゜*。


この記事のURL | Osho 禅タロット | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://crescentrose.blog92.fc2.com/tb.php/71-d8e89413

| メイン |