2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
雨のぼうや フロリーノ
2007/09/12(Wed)
2536970139.jpg


ひょっこり雨の街の広場に現れたヴィリーという少年。
赤い海水パンツをはいて、嬉しそうに愉快に飛び回りながら
落ちてくる雨粒をペロペロとなめています。
そこを通りすがる人々は皆、雨を避けるように苦虫をつぶしたような顔をして
ヴィリーのことなんか目にもくれずに、足早にその場を立ち去ってゆきます。

「どうしてみんなは、雨がふると、きげんがわるいのかなあ?」

「耳を澄ますことを、おしえてもらわなかったからさ」

つぶやくヴィリーに、不思議なおばあさんがひっそりと答えます。
そして二人は、葉や街灯や溝の奏でる、素敵な雨音の調べにそっと耳を傾け・・・
フロリーノ (雨粒をつかまえるぼうや) と名づけられたヴィリーは
良い雨音を奏でる雨粒を見つけに、街にくり出してゆきます。

。o○。o○。o○。o○。o○。o○。o○。o○。o○。o○。o○。o○。o○

ちょぴっと見方を変えるだけで、思ってもみなかった全く違う世界が
拓けてくるのですね。

心を開いて、固定観念を打ち破ってゆきたい。
そして 「雨もいいもんだね」 と、いかなる状況でも心穏やかに受けとめられる
自分になりたい。
全てを研ぎ澄まして、その状況から愛を汲み取ることが出来ますように。 +。:.゚ヽ(*´∀')ノ゚.:。+゚

私は、苦虫をつぶしたような顔をして生きちゃいないかな? ( ^ー^) [鏡]


*** 秋~静かな雨の降るこの日によせまして。


この記事のURL | 心の糧 --本・物語-- | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
またまた、ステキな絵本の紹介ありがとうございます!
図書館に行く楽しみができました♪

うんうん、雨の日も見方を変えると、とってもステキ。
子供の頃って、、そうだった!
長靴を履いて、ばしゃん、ばしゃん歩いたり、
赤いカサさして、ひとりぶんの部屋を作ったり・・・

カサにはねかえる、パツンパツン。
足が水を踏む、シャパシャパ。
車が通るときの、ガシャ~も。

ゆったりと聞きながら歩くと
雨の日もなんだか楽しいですね!
2007/09/13 22:16  | URL | shina #-[ 編集] ▲ top
-  -
◇shinaさん

いえいえ、こちらこそ☆
いつも、ありがとございます♪

子どもの頃は、雨が大好きで 後のことなぞ考えもせずに
それこそ、ぐっちゃぐちゃのどろんどろんになって
遊んだものですが・・・

大人になると忘れてしまう-
そして自分の子どもにはキレイに遊んでくれ・・・と
ひたすら願っている自分。 ^^;

子どもの頃の純粋無垢な心よ、再び~~~☆


**早よ、珍獣図鑑を予約せにゃ b^^
2007/09/14 07:39  | URL | ∞月のしずく∞ #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://crescentrose.blog92.fc2.com/tb.php/81-28126123

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。